美ボディの持ち主が体重を測らずにスタイルキープできるのはなぜ?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「痩せてキレイになりたい」「スタイルを良くしたい」という理由から、ダイエットに励んでいる方は多いと思います。ですがそのダイエット、”体重を減らすことがゴール”になっていませんか? 驚くかもしれませんが、しなやかで美しいボディラインをしている方ほど、自分の体重を気にしていません。

では、体重を測っていないのに、抜群のスタイルをキープできるのは何故なのでしょうか?

 

■ダイエットの目的を見失っていませんか?

“体重の減少=ダイエットのゴール”だと思っていると、ほん少しの増減で一喜一憂し、ストレスが溜まってしまいます。また、無理な運動や食事制限に走ると、すぐにリバウンドをしてしまいますよね。なかには、せっかく体重が減ったのに、「二の腕や背中、お尻が垂れたまま」なんて方もいるのでは? これでは、魅力的だとは言えません。

そもそも、ダイエットをはじめるきっかけは、「スタイルを良くしたい!」という願望があったからなのではないでしょうか? そのためには、脂肪より約1.2倍も重い筋肉をつける必要があります。その結果、体重が増えるのは当たり前のこと。細く見える人ほど、実は体重が重かったりするのです。

本気でボディラインを変えたいなら、体重計を見て数字に振り回されるのではなく、全身鏡で自分の姿を見て現状を把握する方が、効果的だと思いませんか?

 

■全身鏡の効果的な使い方

全身鏡は、ダイエットの強い味方です。目を背けることなく全身鏡の前に立ち、体の隅々までチェックをしましょう。とはいっても、全身鏡の前にただ立つだけではいけません。全身鏡を使う時のポイントは、下記のとおりです。

(1)朝晩、裸に近い格好で鏡の前に立つ。

(2)まず、正面から全身をチェックする。

(3)次に、左右→後ろ姿もチェックする。

(4)体をひねったり、曲げたりして、どこに脂肪がついているのかをチェックする。

自分の体をどう変えるべきかわかったら、それに合った運動や食事制限を取り入れましょう。

 

これなら、ボディラインが美しく変わっていく過程を楽しめるし、数字のストレスもないので、挫折することなく続けられるのではないでしょうか?

 

【関連記事】

体が硬いと太る!? 痩せたい人はこの3つのパーツだけ柔らかくして

またやっちゃった…最悪なストレス食いスパイラルから抜け出す方法

食べていないのに太ってしまう人がやりがちなNG食習慣3つ

夜寝る前の「食べ過ぎスパイラル」から抜け出せないNG習慣8個

超やりがち!脂肪をボーボー燃やす体作りを邪魔するNG習慣3つ