ニキビの原因はいつも持ち歩くアレ!掃除を忘れがちな3アイテム

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ポチっとできるだけで、女性を憂鬱にさせるニキビ。思春期を過ぎた大人の女性のニキビは、肌に触れるものが不潔だと、それが発端となってニキビができてしまいます。

そんな身近なもので、ニキビを招いてしまう意外なアイテムを今日は改めてご紹介しましょう。

 

■1:メイクポーチ

ビューラーやスポンジ、ブラシなどのメイク道具は、定期的に掃除をすることが好ましいと、「サボると危険!“メイク道具の大掃除”で美人度アップ」でもご紹介しています。

でもいくらそれぞれの道具をキレイにしていても、それを入れるポーチが汚いままでは意味がありません。ポーチに入っている間に、ホコリや汚れが再びついて、それを肌につけてしまう可能性があります。
 

■2:イヤホン

通勤中に音楽を聴いている方は、イヤホンの掃除なんてしたことがありますか? 実は見落としがちなイヤホンですが、耳の中は皮脂の分泌が多く汚い場所。

しかもバッグに入れている間に、バッグの汚れもついて、それを耳の中に押し込んでいたとしたら、雑菌が繁殖し「イヤホンが不潔な人は要注意!超痛い“耳ニキビ”ができるNG習慣」で紹介したような “耳ニキビ”にもなりかねません。

 

■3:マスク

マスクの内側にはメイクのほか、息をするたびに口の中の雑菌がマスク内にも移ってしまい、長時間の使用はおすすめできません。しかも風邪をひいているときにつけたマスクなら、なおさら雑菌だらけになってしまいます。

そんなマスクを、長期間同じもので使用していたら、雑菌を肌につけているのと同じこと。簡単にニキビができてしまいますし、とっても不衛生です。

 

顔や耳だけでなく、身体の皮膚に触れるものは、とにかく清潔なものが一番ということ。これ以外のものでも、肌に触るものなのに掃除していないものがあったら、清潔な布でさっと拭うなどのひと手間が大事です。

これが、ニキビ知らずのキレイなお肌を保つ秘策なのかもしれませんね。

 

【関連記事】

なかなか治らない肌トラブルの原因は乾燥ではなく●●のせいかも!?

隠そうとすると逆効果!コンプレックスは「あえて見せる」くらいが正解

30代女性は要注意!意外と知られていない「厄年」を乗り切るコツ