グチャグチャで赤面…「食べ方に戸惑う●●」をキレイに食べるコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には、食べ方がわからないもの、食べるのが難しいものってたくさんありますよね? 

このようなものは、家で一人で食べる分には構わないのですが、友人や家族、恋人の前でグチャグチャにしてしまったり、上手く食べられなかったりしたら恥ずかしいですよね。それだけではなく、もしかしたら、密かにドン引きされているかもしれません……。

そこで今回は、身近な●●を上手に食べるテクニックについて、お話していきたいと思います。

 

■1:パンケーキ・ホットケーキ

(1)トッピングがのっているパンケーキの場合

まず、トッピングがのっている一番上のパンケーキを、別の皿に移します。その後、その下のパンケーキにトッピングをのせながら食べるといいです。

(2)トッピングがないホットケーキの場合

ホットケーキが重なっていたら、上にあるものを少し横にずらします。半分にカットしたバターを上半分と下半分に塗ります。今度は、上のホットケーキを反対側へずらして、残りのバターを先ほど塗っていない上半分と下半分に塗ります。ホットケーキを元の位置に重ねて、食べる分を切りわけてからシロップをかけるといいでしょう。

どちらの場合も、一度にすべてを切らない方がより美しく見えます。

 

■2:ロールケーキ

ロールケーキを立てたまま食べようとすると、中からクリームやフルーツがはみ出してしまいます。ロールケーキを食べる時は、ケーキを倒してから、フォークで切って食べましょう。上にトッピングがある場合、最初にトッピングをとっておき、ケーキと一緒に食べるといいです。

 

■3:シュークリーム

シュークリームは、手で持ってガブリと食べたいところですが、フォーマルな場では控えましょう。

(1)一口サイズのシュークリーム

フォークを使って食べましょう。

(2)大きめのシュークリーム

シュークリームの上のフタが切れていない場合は、ナイフとフォークを使って、皮の上の部分を一口大に切ります。そのフタに、素手ではなくフォークを使って中のクリームをつけて食べます。これを繰り返し、フタがなくなったら下の部分を一口大に切り、クリームと一緒に食べます。

 

■4:たこ焼き

たこ焼きは、アツアツの時に食べるのが美味しいのですが、一口では口の中がいっぱいになってしまい、火傷をしてしまうこともあります。たこ焼きは、次のように二本のくしを使って、上手に食べましょう。

ほとんどのお店では、たこ焼きを買うと、くしが二本ついてきます。まず、このくしをたこ焼きに刺して熱を逃しましょう。口に運ぶ時は、くしを箸のように使って、たこ焼きの端と端を刺します。このようにすると、一口で食べきれない時や皮がやわらかい時にボトっと落ちることが少なくなります。

 

「本当は好きだけど、上手く食べられないから……」という理由で、上記の食べ物を敬遠していた方は、さっそく試してみてくださいね。

 

【関連記事】

宴席で「ちょっと待って!」と止めたくなるお酌をしないための心得

意外と知らないことも!温泉旅館で恥をかいちゃうNGマナー6つ

美人を一瞬でおブスに見せてしまう「箸のご法度マナー」

品の良さが大事!「彼の本命になれる女性」が絶対にやらないこと

知らないと恥ずかしい…会食で「女子力低っ」と思われるNG行動