たった30秒でモテ美人に!「厚塗りにならない」メイク直し術3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気合いを入れたいデートのメイク。彼にどんな風に見られているんだろう……。気になって、トイレに駆け込んだり、何度も鏡をのぞいたりなんてことありませんか?

そこでついついファンデやマスカラを塗り直し、ただの厚塗りさんになってはいませんか?

実はあるパーツを軽く直すだけで、自然にお化粧仕立てのようなメイク直しが出来ちゃう裏ワザがあるのです。早速、ご紹介します。

 

■1:カプサイシン入りのリップを活用

『美レンジャー』の過去記事「男性が最初に見るパーツを知って第一印象をアゲる方法」でご紹介したとおり、実は唇って第一印象アップに最も効果的なパーツでもあったのです。リップを塗り直すだけであら不思議。一瞬で艶やか美人に。

カプサイシンの入ったリップを使用すると、血行がよくなりぷっくりとした唇へ導いてくれるのでおススメです。

 

■2:光を味方につけて艶感アップ

ファンデの重ね付けは、時間もかかる上にお化粧崩れの原因になってしまいます。さらに小じわをさらに目立たせてしまうことも。ティッシュの上から、顔全体を軽くおさえたら、小鼻の横から頬骨に向かってうっすらとハイライトをオン。これだけで適度で自然な透明感が戻り、お顔も立体的に艶っぽく魅せてくれる効果があります。

テカリが気になるお肌には、カバー力の少ないルースパウダーで軽くおさえるのがおススメです。 

 

■3:チークを入れるときは6の字を書くように

おてもやんのような入れ過ぎチークを防ぐコツは、6の字を書くように入れること。頬の高い位置をくるっと一回まわしたら頬骨の下を通ってから軽く抜けるようにするのがポイントです。

簡単に柔らかいニュアンスチークを入れることができますよ。

 

ぜひ、勝負を決めたいデート日メイクに試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ たった5分で完了!「白人並の立体顔」になれるベースメイク裏技

※ 夜に絶対やってはいけない「ボッテリまぶた」になっちゃうNG習慣

※ これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

※ 男ウケ抜群な「ローラ顔」になれる真似っこメイクの全プロセス