花粉症で肌がボロボロ!つらい花粉シーズンでも肌荒れしない方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も間もなく、花粉症の方にとってはつらい花粉シーズンがやってきます。

花粉症の主な症状といえば、目や鼻のムズムズ感、くしゃみなどですが、意外にも “肌荒れ”に悩まされるという方も少なくないようです。それは、なぜでしょうか? 健康な素肌に近づくための方法とは? 

 

■花粉で肌荒れする理由とは

花粉が飛ぶ時期に肌荒れがひどくなるという方がいるようです。それはなぜでしょうか。

スギ花粉が飛び始めるのはだいたい2月からですが、この時期とくに東京など関東地方では砂漠状態といっていいほど、空気はカラカラ。それだけではなく、春先である3月からはだんだんと紫外線も多くなってきます。紫外線はお肌の乾燥を招くなど、肌への負担となります。

通常私たちの肌の上では、皮脂膜という膜が天然のクリームの役割を担っていて、皮膚を守ってくれています。ところが肌が乾燥していると、皮膚膜は薄くなったり壊れたりしてしまうので、外からの刺激に弱い肌になってしまいます。

したがって、花粉や小さい埃などの刺激物が入ってくると、皮膚は炎症やかゆみを起こしやすくなります。

さらに、花粉による刺激で目を擦ったり、鼻を繰り返しかんだりする摩擦刺激が加わり、肌がさらにダメージを受けてしまうので、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

■どうしたら健康な素肌になれるの?

まず健康な素肌になるためには、どうしたらいいでしょうか。炎症を抑えるための方法を3つご紹介します。

(1) 外出時にはマスクをし、サングラスをする

花粉症の方は少しでも花粉を体に取り入れないようにすることが大切。外出するときは、しっかりマスクをして出かけましょう。サングラスは目の周りの薄い皮膚も守ってくれます。

(2) ベースメイクをして外出する

過剰なメイクは肌への負担となりますが、外に出るときは花粉だけでなく、紫外線、排気ガスなどの汚れから肌を守るためにもベースメイクをして出かけましょう。

(3)炎症を抑える化粧品で肌トラブルを防ぐ

花粉などの刺激物で肌トラブルを繰り返す人は、まず皮膚内の炎症を鎮めることが重要。資生堂から発売されている『IHADA(イハダ)』には、非ステロイド性抗炎症成分のウフェナマートが配合されています。この成分には、繰り返す肌荒れの原因となる皮膚内部の炎症を鎮め、肌を健康な状態へと治癒させる効果があります。

 

春先は一年のうちで最も肌の調子が不安定になりやすい時期です。花粉が飛び始める時期に、顔全体がかゆい、化粧のりが悪くなるなど感じる方は、自己判断でスキンケアをするのではなく、早めに適切なケアをするように心がけましょう。

 

【関連記事】

マスクを外した後は超おブス!あの2大お悩みを解決する方法とは

一人暮らしの人こそ要注意!偏りがちな食生活で「摂るべき」食材

きのこのバク食いで得られる意外なリラックス効果とは

こんな人は要注意!春にどんどん老け込む人のNG習慣4つ

朝食だけじゃもったいない!栄養満点シリアルを使った夕食レシピ