絶対避けて!みるみるうちに「おばさんバスト」になるNG行動3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バストの悩みは女性にとって奥深きもの。だって、大きくても小さくても悩むのですから……。最近では、「壇蜜さんのような、美しくツヤっぽい胸になりたい!」と願う方も多いことでしょう。

そこで今回は、バストのプロフェッショナルと言っても良い、ニューヨーク発のランジェリーショップ『ブラデリスニューヨーク』のカリスマフィッターさんに、美胸を遠ざける下着の選び方やつけかたはもちろん、美しい胸をキープする日々の心構えまでをうかがってきました。

まずはさっそく、胸を老けさせるブラジャーのNGな選び方や洗濯の仕方について、チェックしていきましょう。

 

■1:購入時にフィッティングを行わない

下着を正しく選ぶためには、ショップのプロによる採寸、フィッティングがマストです。信頼できるフィッターを見つけ、長くおつきあいすることをおすすめします。

年月とともに身体ラインの変化はもちろんのこと、ライフスタイル、ファッションスタイルなどの変化にあわせて下着のスタイルも変わります。信頼できるフィッター選びは、かかりつけのドクターや日々の心身のバランスを整えてくれる、エステやマッサージサロンなどとおつきあいするのと同じことと考えてみてはいかがでしょうか?

 

■2:自分の年齢や肉質、バージスラインを意識していない

ご自身の肉質、流れている脂肪の量に合った形状のカップ、合ったサイズを選ぶことが何よりも大切です。

とくにバージスラインと呼ばれる、ブラジャーをつける正しい位置である胸のふくらみがはじまる部分に、ワイヤーを合わせることがポイント。年齢、肉質に合ったブラジャー選びが美しい胸を作るためには不可欠です。

 

■3:ブラジャーを洗濯機でガンガン洗っている

実はブラジャーの洗濯表示は、ほとんどが手洗い表示になっています。ワイヤーや繊細なレース、寄せ効果のある立体のカップが大切なブラは、手洗いが必須です。

ここでは、『ブラデリスニューヨーク』が推奨している下着用洗剤『フォーエバーニュー』を使った、簡単着けおき5分の洗濯方法をご紹介します。

forever+

(1)洗面器または洗面所にティースプーン1杯分の『フォーエバーニュー』を入れ、ぬるま湯のシャワーを当て泡立てます。

(2)そこにブラジャーを5分間浸します(押し洗い、揉み洗いは不要です)。

(3)5分経ったら取り出して、2回シャワーですすぎます。

(4)タオルでくるみ水分を吸い取ります。

(5)カップを整え、カップ下のアンダー部分の両サイドを吊って逆さまにして、陰干しをします。

やむをえず洗濯機で洗う場合は、必ずドライコースで行ってください。ドライコースは、衣類に強い力が加わらないように洗うコースです。

立体のブラ専用ネットに入れて、洗剤は『フォーエバーニュー』、もしくはほぼ柔軟剤が入ってないタイプで行うのがポイント。柔軟剤が入るとカップが崩れてしまったり、アンダーベルトが伸びるなどブラジャーのキープ力が衰えて消耗に繋がります。

 

いかがでしたか? 美しい胸をキープするためにも、ブラの正しい選び方や洗濯の仕方を実践していきましょうね。

 

【関連記事】

※ 男が触りたくなる!小胸を美胸に見せるファッション4つ

※ 体を動かすのが楽しくなる!ユニークな「ご当地体操」3つ

※ 魅力のプロが明かす「ネガティブ女子が持っていないもの」11個

※ 美人なのにあなたがモテないのは「老け●●」が原因!?

※ 「酒やけ?」と思われないための老け声から逃れる簡単なコツ

 

【取材協力】

※ ブラデリスニューヨーク(ゴールドフラッグ株式会社)・・・毎日わくわくしながらつけられる、おしゃれで美しい育乳・補整ブラ、補整下着などの機能インナーブランド。理想的なボディを手に入れるために、正しい下着を正しい位置でつけることを推奨し、体にあった下着を3段階のステップで提唱している。