どの場所が正解?「座り方を変えるだけ」で彼と仲良くなれるテク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春は出会いの季節と言われますが、出会いだけでなく今までの関係が一歩前進したり、離れていた気持ちが再び通ったりと心に変化が生まれやすい時期です。

今まで意中の人と、どうしてもうまくいかなかったという方にぜひ実践していただきたい、“座り方を変えるだけで彼との関係をより近づける方法”をご紹介します。下記の絵で、あなたがハート印の意中の人と同席する場合、どの席を選びますか?

 

■1:正面に座って話す

20140225seto2

1対1で正面に向き合って話をするのはビジネスシーンでよく見られますが、実は食事やプライベートの時にはおすすめしません。

潜在意識の中には相手への反発心や対決心などがあり、相手に不要な緊張感を抱かせてしまうのです。せっかくのデートも、親しい関係になるにはかなり遠い道のりといえます。

 

■2:横に並んで座る

逆に横に座って話をすると、一つの目標に対し一緒に取り組んでいる、同じ景色を見ているという同調意識が生まれます。カウンター席を敢えて選び、窓の外や壁のポストカードなどを一緒に眺めながら、並んで話をしましょう。

ヒジがぶつからない程度の距離に座り、相手のパーソナルスペースに自然に入り込むとさらに効果バツグンです。

 

■3:対角線に座る

上記の点から「正面に座るのは避けよう」と思った方も多いかと思います。ところが、出会って間もない時やカウンター席がない場面で横に座るのは難しいですよね。

そこでトライしやすいのが、この“相手の斜め前に座る”というものです。正面ほど威圧感がなく、いきなり横に座るほど相手に警戒心を持たせない、理想的な距離感が作れます。

 

■4:体を斜めに向ける

4人掛けテーブルで2人で座るのにいきなり対角線に座ると不自然に思われてしまいますよね。

その場合は、正面のイスに座りながらも、体の向きを少し傾けましょう。この時、相手の左側(心臓)に近い向きで座る(あなたの右側を相手に向ける)と、相手から心を開きやすい存在と思わせる効果があります。

 

いかがでしたでしょうか? 2人でも、複数人でも使える座り方テクニックです。もちろん異性だけでなく女友達との距離を縮めるのにも効果的です。

ただし、複数人での場では上座下座や料理を取り分けやすい席など、TPOを考えて座りましょう。自分の恋の駆け引きに集中している自己中女より気配りのできた女性の方が、遥かに魅力的に映りますよ。

 

【関連記事】

そんなんじゃ太るよ!おデブになっちゃう酒の席でのNG習慣5つ

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

キスしたいと思わせる!意中の彼もイチコロなリップメイク術とは

※ 婚活中の女性必見!アノ指に指輪をつけると女子力がグングン上昇

百貨店バイヤーが語る「魅力的な女性」が実践する10の素敵な言動【後編】