胃腸が弱い人必見!胃薬にも配合される成分を豊富に含む野菜とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い時期でも、仕事にダイエットに美容と忙しい女性。できることなら、安くて身体に優しくて、美肌もダイエット効果も一気に期待できる食べ物でもあったらいいなと思いませんか? 実は、辛い寒さを快適に乗り越えるために昔から親しまれている“あの野菜”を食べるだけで、女性はとくに嬉しい様々な効果が期待できると言うのですが……。

今回はそんな野菜の効果を改めてご紹介します。今まさに旬なので、どのスーパーでも手に入るあの食材ですよ。

 

 ■胃腸の弱い女性はとくにおすすめ

その野菜に多く含まれる消化酵素からご紹介します。その酵素の名前は「ジアスターゼ」。消化促進や胃酸の中和、胃もたれや胸焼けの解消など胃に嬉しい効果がたくさんの酵素です。じつはジアスターゼとは胃腸薬にも配合されている成分になります。血行の悪くなる冬は胃腸に負担がかかりやすい時期。そんな時こそ「ジアスターゼ」を多く含む大根をおススメします!

 

■冬のダイエットをお手伝い

「ジアスターゼ」はとくに炭水化物の消化が得意! もちと大根おろしの組み合わせが有名ですよね。まずきちんと消化されることによって便秘になりにくくなり、きちんとエネルギーとして消化されやすくなるので、ダイエットにも効果的ということがわかります。

 

■トマトより水分量の多い大根で潤いアップ&冷え性改善!

のどを潤すと言われている大根あめ。その理由の1つに大根の水分量が関わっています。大根は固いイメージがありますが、すりおろすと水分がたっぷりですよね? じつは大根は約95%も水分なのです! 体内外ともに乾燥しがちな冬に温かい大根を食べれば、中から潤いながら、しっかり温まることもできます。

私はつわりなどで辛いとき、大根は自然と食べても大丈夫でした。妊娠中は赤ちゃんの成長とともに、胃が圧迫され、胃もたれにもなりやすいのに、薬はあまり飲んではいけない辛い時期。そんな時こそ、天然の胃薬大根パワーで乗り切ることもできます。

もちろん妊娠中でなくても、大根の様々なパワーは女性の味方になってくれます。また、皮の近くに栄養がたくさんつまっていますので、皮ごと使うレシピなどもおススメです。まずは1本買って、自分の目的に合わせたレシピを考えてみては如何でしょうか?

 

【関連記事】

※ 女性の5割以上が便秘!たった1日でスッキリさせる魔法の食材とは

冷え性さんにオススメ!里田まいも常用してる大根レシピとは?

「おしん」で注目の大根めしが驚くべき優秀ダイエット食らしい!

実は鍋の定番「白菜や大根は身体を冷やす」原因だった?

知らないのは損!本当に「安くて栄養たっぷりな野菜」12個【前編】