今すぐ診断!知らないとオバサン呼ばわりの今時ファッション用語

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが普段使う言葉は時代とともに変化していて、友人や同僚との何気ない会話で出た言葉によって、年代がバレてしまうなんてことがあります。

「けっこう、あの人おばさんなのね」と影で思われないためにも、特にファッションに関する言葉に絞って、新旧の呼び方をチェックしてみましょう。

 

初級編:ジーパンはNG

まずは簡単な初級編から。ここで紹介する古い言葉は昭和まっさかりで、少しずつ死後になりつつあるものばかり。おばあちゃん世代または親世代になじみのある言葉のせいか、普段は使っていない私たちでも、意味はちゃんとわかりますよね?

(古)スリップ、シミーズ・・・(新)キャミソール

(古)パンタロン、ラッパズボン・・・(新)ブーツカット、ベルボトム

(古)ジャンパー・・・(新)ブルゾン

(古)とっくり・・・(新)タートルネック

(古)ジーパン・・・(新)デニム

(古)肌着・・・(新)インナー、アンダーウェア

(古)背広・・・(新)スーツ

 

中級編:つい七分丈パンツって言ってない?

次は少し難易度が上がります。ここで紹介するのは、新旧どちらも、多くの人々の間でまだ使われている言葉をセレクトしました。たとえば“パンツ”はどの世代でもまだ使っている言葉ですが、上の世代の人は下着の意味で呼び、若い世代の人はズボンの意味で呼びます。

(古)腕輪・・・(新)バングル

(古)パンツ・・・(新)パンティ

(古)スパッツ・・・(新)レギンス

(古)スモック・・・(新)チュニック

(古)七分丈パンツ・・・(新)クロップドパンツ

 

上級編:ジレって分かる?

上級編は「何これ?」と思うものがあるかもしれません。これらは世代の差というよりも、ファッションに敏感かどうかが問われてくる言葉かもしれません。

(古)ヘビ革・・・(新)パイソン

(古)ベスト、チョッキ・・・(新)ジレ

(古)オーバーオール、つなぎ・・・(新)サロペット

(古)厚底サンダル・・・(新)プラットフォームサンダル

 

「ファッションは繰り返す」と言われるように、今のトレンドが実は数十年前に流行ったものだったりします。でも、そのときとは呼び名が変わることによって、私たちには新鮮に感じられるのかもしれません。

ここで紹介した言葉を家族や友達に試してみて、盛り上がってみても楽しいですよ。

 

【関連記事】

それイタ過ぎる!周りからオバサンだと思われちゃう「オバ行動」

プチプラ服だとバレないアラサーの為の貧乏コーディネートの秘訣

男性がオバさんだと感じる冬の「小じわ、ほうれい線」撃退法!

周りから「何か太った?」と言われちゃうNG着ぶくれファッション

見直さないとヤバイ!職場で「痛い」とされるNGファッション