風呂上がりでは遅い!ボディクリームを塗るNGなタイミングとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂から出た後、いつボディクリームを塗っていますか? 

顔もタオルで拭いたらできるだけ早く化粧水をつけるのが理想と言われているように、ボディも同じでお風呂から出たら早めが鉄則。それでも、本当は失わずにすんだ水分が肌から逃げてしまっている可能性があります。

大切なのは、脱衣所に出てバスタオルで身体を拭うまでの時間なのです。

 

風呂から出た直後は一番危険な時間帯

本来人間の肌表面は皮脂や保湿成分でおおわれています。しかしお風呂に入ると、これらが湯に流れたり溶けてしまい、本来よりも保湿する力が弱い状態になっています。だからお風呂から上がって、身体の水分をタオルで拭った状態は、一番お肌にとって乾燥しやすい状況です。

しかも火照った身体からはどんどん水分が蒸発していき、15分後には急速に肌が乾燥してしまいます。だから、その前にボディクリームを塗り、皮脂で水分が逃げないようにおおってあげることが大切なのです。

 

肌に水分が残った状態がベストタイミング

では、どのタイミングでボディクリームを塗ればいいでしょうか? 脱衣所にクリーム置いておいて、風呂場から出たらすぐに塗るのもおすすめです。でもそれよりも、さらに効果的なのが風呂場でタオルを使う直前。

冷えきった脱衣所に風呂場から出ると、急激な温度変化で肌にとっては過酷な状態を招いてしまいます。だから風呂から上がった直後、タオルで水分を取る前に、あたたかい風呂場の中で塗ってあげるのがおすすめなのです。

濡れた肌にボディクリームを塗ると、水分と油分が乳化して白くなりながら、少しずつ肌になじんでいきます。完全に水分を拭った状態で塗る時よりも、少量で肌にのびるし、肌へのなじみ具合もずっと良いのです。その後余分な水分を、軽くタオルを身体に押さえつけるようにして取ってあげれば完成です。

慣れないうちは不自然な感じがするかもしれませんので、そんなときはタオルを身体に押さえつけるようにして、少しだけ水分を取ってから付けてもOKです。

 

もちろんこれは、ボディクリームではなく、濡れた肌になじむオイルを使っても効果的です。脱衣所か風呂場の濡れない場所にこれらのケアアイテムを準備しておいて、冬でもいつも潤う肌をキープしたいですね。

 

【関連記事】

さらば憎き角質!分厚いゴワゴワ足裏を美しくする方法

冬本番の乾燥地獄!「ガザガザお肌」を卒業する魔法のテクとは

油断するとヤバイ「アソコの黒ずみ」を食い止める方法4つ

超簡単!「平子理沙ボディ」になれる入浴後のオイルケア

たったこれだけで乾燥地獄から解消される天然の保湿オイル3つ