あなたの胃腸が危険!「ガサガサ乾燥唇」は暴飲暴食のツケだった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ寒い日が続く今の季節。寒い時期は普段よりも、リップクリームやグロスを使う回数が増えてしまいますね。そんな唇の状態は、あなたの消化器官の健康状態を表しています。

もしかしたら、今のガサガサ唇は冷たい気候のせいではなくて、普段の暴飲暴食のせいかもしれませんよ。

 

唇は胃腸の鏡

身体の一部の状態で、内臓などの内面の健康状態を推し量ることは、昔から人々の間で使われている手法です。例えば漢方では、唇は胃腸などの消化器官と密接な関係を持っていると言われています。唇が乾燥して荒れてしまっているのは、胃腸が酷使されたり、疲れきっている状態を表しています。

それでは、唇のさらに細かい部分ごとに、内臓のどこに原因があるか見ていきましょう。

 

唇の熱や荒れは消化器官の不調を表す

自分の唇の、特に上唇か下唇、どこが荒れているか注意して観察してみましょう。上唇は胃、下唇は腸を表しています。さらに唇の両端は十二指腸と言われています。

やたらと皮がむけてきたら、いずれかの消化器官が疲労している可能性があります。また唇がほてっていたり、すこし膨らんでいたら、その該当の消化器官も熱を持って腫れぼったくなっているかもしれません。

 

唇が荒れてしまったらどうしたらいい?

唇が荒れてしまったら、リップクリームで保湿してあげることはもちろん大切ですが、それだけでなく内側から対処しなければ、本当の意味での解決にはなりません。

消化器官が疲れてしまう一番の理由は、食べ過ぎと飲み過ぎ。唇が荒れたと気づいたときは、まずここ数カ月の食生活を振り返ってみましょう。きっと脂っこい食事やアルコールの摂り過ぎなど、思い当たることがあるはずです。

それらを避けて、おかゆなど胃腸にやさしい食事を選んであげれば、少しずつ改善していくことでしょう。

 

このほか乾燥唇にならないために、普段の生活で気を付けるべきことは、「ほっとくと深刻化しちゃう!唇がボロボロになっちゃう悪習慣7つ 」などを参考にして、ぷるんとした潤い唇を目指しましょう。

 

【関連記事】

みんな結構やりがち!残念なガサガサ唇になっちゃうNG習慣6つ

※ メイクを落とすと老け顔の人必見!「唇の色がくすむ」本当の理由

唇が荒れていると「恋愛運」まで荒れ模様になることが判明

今すぐやめて!ドス黒~く「唇がくすんじゃう」NG習慣4つ