恋人&予定がなくてもバレンタインは「気合いが入る」女性が7割も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンタインデーは学生時代だけではなく、社会人になっても男女ともにそわそわしてしまう日のようです。

株式会社イプサの20~35歳の働く未婚男女500名を対象とした「バレンタインデーに関する調査」では、働く女性の多くが、恋人や予定の有無に関わらず、バレンタインデー当日は普段以上にメイクやファッションを気にしているとのこと。

 

■バレンタインデーは社会人になっても特別感のあるイベント

「恋人がいる女性」では80%、「恋人がいない女性」でも70%と、恋人の有無に関わらずバレンタインデーにはおしゃれに気合いが入ってしまうよう。さらに「予定がない場合」でも、4人に1人の女性がメイクやファッションを「気にする」と回答。

予定の有無を問わず、バレンタインデーにはメイクやファッションを意識するという女性も少なくないようです。

これに関して、男性の6人に1人が「バレンタインデーに、女性たちのメイクやファッションで、その人の予定の有無を推測」しており、バレンタインデーのメイクやファッションがさりげなくチェックされている可能性もあるようです。

一方の男性側は、20代男性では約4割(36%)、30代男性でも4人に1人(25%)が「普段と違うドキドキ感がある」と回答。オトナの男性になっても、まだまだバレンタインデーはドキドキしてしまう日のようです。

 

■格上げには“肌”?

男性の視線もあってか、「バレンタインデーに、女子力を格上げしたいと思ったことはありますか?」という質問に、49%と約半数の女性が「ある」と回答。

そこで、男性たちに、「女性の顔において、魅力に大きく関わると思うポイント」を聞いたところ、最も多かった回答は「肌」(63%)、2位の「目」(54%)、3位「輪郭」(41%)の3つが挙げられました。

つい気合いが入ると厚塗り・白塗りメイクになってしまうという方におすすめな、陰影をつかって美肌を演出するベースメイクをご紹介します。

 

■格上げベースメイク

(1) ハイライト

眼の下の骨格のくぼみにハイライトをのせます。鼻筋にはパールのないものを。

(2) チーク

チークは頬骨の一番高いところから楕円形を描くようにうすくのせます。

(3) シェーディング

ベージュやオレンジのチークをつかって頬骨の高いところからフェイスラインに向かって馴染ませます。アゴにかかるフェイスラインにもうすくのせると、小顔の印象に。眉頭から小鼻の上までのせると、鼻筋が通って見えます。狭くうすく引くのがコツ。

(4) フェイスパウダー

最後にフェイスパウダーをのせ、それぞれの色同士を馴染ませます。 

 

ちなみに、バレンタインデー当日の女性たちのメイク・ファッションについて具体的に聞いてみると、「普段はパンツスタイルだが、スカートを履く。(33歳・東京)」、「普段より丁寧にメイクをして、髪型を変える。(22歳・北海道)」、「目元や肌にラメを使って、いつもより華やかにする。(27歳・東京都)」などの声があがりました。普段と少し雰囲気を変えたり、メイクに気を遣ったりと、さりげないおしゃれをしている人が多いようですね。

近年、女性の友人へチョコレートをプレゼントする女性が増えていますが、男女とも意外にバレンタインデーにささやかな期待を持っているという実態がうかがえます。

 

【関連記事】

絶対に美味しい「チョコレートの有名ブランド」ベスト8

外国人が「ちょっと違う!?」と思う日本のXmasのおかしな習慣

「チョコvs.ホワイトチョコ」太る危険性が高いのはどっち?

なんと「何もしない」のが普通!? バレンタインのお返し事情

バレンタイン必勝法!IKKOさん直伝『モテる瞳』の法則★

 

【参考】

※ バレンタインデーに関する調査 – イプサ