メイクを落とすと老け顔の人必見!「唇の色がくすむ」本当の理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口紅やグロスを使って、ぷるぷるのリップメイクを楽しむ女性は少なくありません。しかし、メイクを落とした唇の色はどうでしょうか。

メイクを落としても、唇がピンク色でツヤがあると健康的に見えますが、くすんでいると一気に老けた印象になってしまいます。唇の色は人それぞれの体質にもよりますが、日々の生活習慣も大きく関係してきます。

そこで今回は、唇のくすみを解消し、ピンクの唇に近づくためのポイントをご紹介します。

 

■唇の色がくすんでしまう原因

毎日のクレンジングで唇をゴシゴシ擦ったり、ティッシュで口紅を擦り落とそうとすると唇に刺激が加わり、メラニン色素が生成されてしまいます。また、肌同様で唇も日焼けをします。日焼け対策を怠るとシミ、色素沈着につながります。

血行不良や鉄分不足も唇の色が悪くなる大きな原因です。唇の皮膚はとても薄いので、血流の良し悪しがダイレクトに反映します。また、鉄分が不足することで貧血気味になり、唇の色が薄くなってしまいます。そして唇の乾燥にも注意! 透明感がなくなり、色もどんよりとくすんでしまいます。

 

■ピンクのぷるぷる唇を手に入れるためのポイント

以下のポイントを意識することで、唇の色の悪さやくすみを改善につながります。

(1)クレンジングは専用リムーバーで極めてやさしく

(2)UVカット効果のあるリップクリームや口紅を使用

(3)体全体の血行を良くする

(4)鉄分の摂取を意識する

(5)リップ、乳液でしっかり保湿

デリケートな唇は擦ったり刺激を加えないようにすることが大切です。口紅は専用リムーバーでやさしくオフしたり、普段からUVカット効果のある口紅やリップクリームで日焼け防止、保湿をすると効果的です。

ただし、リップクリームをつけて寝ると色素沈着を起こす可能性もあるので、寝るときはオフした方がよいです。乾燥が気になる場合は、スキンケアで使用している乳液を軽くなじませるとよいです。

血行は唇の色を左右するので、冷え性の人は普段から体全体をあたためるよう意識してみてください。朝食をとる、毎日の入浴、お腹まわりをあたためると全身の血行がよくなります。また、レバーや赤身のお肉、貝類などを食事に取り入れ、鉄分不足を防ぐことも大切です。

 

■唇の血行UPマッサージ

朝や寝る前に毎日簡単にできる、唇の血行促進マッサージを2つご紹介します。

(1)唇タッピング

薬指の腹を使って唇を軽くポンポンと上下10回程度タッピングすることで、唇の血行促進につながります。力の入らない薬指を使用して、やさしく行ってください。

(2)ブルブル振動

唇をつき出し、ブルブルブルブルと唇を震わせるように息を吐き出します。唇に振動が加わることで血行促進につながります。どこでもできるのでオススメです。

 

以上、ピンクのぷるぷる唇に近づくためのポイントをご紹介しました。すっぴんでも血色が良いピンクの唇をゲットして、お泊まりデートも楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

今すぐやめて!ドス黒~く「唇がくすんじゃう」NG習慣4つ

男性がドン引きする「ガサガサ唇」になっちゃうNG習慣6つ

あっという間に「ぷるぷるモテ唇」になる魔法のテク3つ

日本で最も「唇美人」な石原さとみの唇になる方法5つ

つけるだけで人生を素敵に変える「赤リップ」の八大効果