「口内炎ができやすい人」がやりがちな悪習慣7つとその対処法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

できると痛~い口内炎。食事が口内炎にシミたり、話をするのも苦痛になったり、一度できてしまうとなかなかやっかいです。

口内炎には外傷によるもの、ウイルス性、アレルギー性のものなどいくつか種類があります。その中でも一般的に多いのは“アフタ性口内炎”と呼ばれる口内炎です。そしてアフタ性口内炎の原因は日々の生活習慣が大きく関係しています。

そこで今回は、アフタ性口内炎ができやすくなるNG習慣を7つご紹介します。

 

■1:歯磨きの回数が少ない

歯磨きをしないで寝るのはNG! 口の中に食べかすが残ることで口内細菌が繁殖し、口内炎ができやすい環境になります。口内を誤って噛んで傷ができると、その場所があっという間に口内炎になってしまいます。

寝る前はもちろん、食後は歯磨きをして口内を清潔に保つことが大切です。

 

■2:強すぎるブラッシング

必要以上にゴシゴシ力を入れて磨くことで、歯茎や頬の内側に無数の傷ができ、細菌が繁殖して口内炎になってしまいます。歯ブラシの硬さをやわらかいものに変えたり、歯茎はやさしくマッサージするように力加減を注意したりするとよいでしょう。

 

■3:口の中がよく乾燥する

唾液には細菌の繁殖を抑える抗菌作用があります。逆に、口内が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなってしまいます。緊張したり、過度のストレス下では唾液の分泌が少なくなりがちです。

あごの骨の内側のくぼみには唾液腺があるので、両親指をそろえて指の腹で舌を突き上げるように10回程度押すと効果的です。

 

■4:コンビニ飯が多い

コンビニ飯が多い人はパスタやおにぎりなど炭水化物が多くなり、ビタミンが不足しがちです。ビタミンB2には、粘膜を保護する働きがあるので、口内炎の予防や改善に効果的です。

コンビニでお弁当を買うときは、ビタミンB2が含まれる納豆、卵、乳製品などを一緒に食べるようにするとよいでしょう。

 

■5:過度の飲酒・喫煙

アルコールの分解、代謝にはビタミンB群が大量に使用されます。また、喫煙することで体内のビタミンが破壊されてしまいます。過度の飲酒や喫煙は美容、健康のためにもおすすめできません。

 

■6:疲労やストレスなどによる免疫力の低下

睡眠不足、過労、ストレスが続くと体力の低下や免疫力の低下につながり、口内炎ができやすくなります。規則正しい生活を送りつつ、ストレスを溜めこまないようにお風呂やアロママッサージなどで、リラックスタイムを設けると効果的です。

 

■7:ペットボトル飲料のじか飲み

口をつけて飲んだペットボトル飲料を数時間放置することで、飲料内で細菌が繁殖してしまいます。細菌が繁殖した飲料を再度飲むことで、口内細菌の増殖につながり、口内炎ができやすくなってしまいます。

ペットボトル飲料を数回に分けて飲む場合は、コップを使用すると細菌の繁殖が防げますよ。

 

以上、口内炎ができやすくなるNG習慣をご紹介しました。口内炎を予防するためにも、生活習慣から意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 夕方にベタつくのはなぜ?サラサラヘアの邪魔をするNG習慣4つ

※ クマが隠せてない!「下手すぎる」目元のコンシーラーNG使い3つ

温泉でギョッとされる「お尻の黒ずみ」を引き起こすNG習慣5つ

オバさんに見える「おでこのしわ」が深~く刻まれるNG習慣5つ

気づいたらサリーちゃん足に!足首がどんどん太くなるNG習慣5つ