やるだけ損だから!頑張っても効果が出ない「NGスキンケア」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品を買ったものの、効果がイマイチで「失敗したかも……」なんて感じたことはありませんか? 高価なスキンケア用品も、お手入れ法が間違っていたのでは満足感は得られません。

今回は、せっかくのお手入れが水の泡になってしまう、NGスキンケア法をご紹介します。

 

■1:美容液の順番が間違っている

たるみ・ハリなどアンチエイジング用の美容液をつけた上に、美白美容液なども使っているという、2つ以上の異なる美容液を同時にお使いの方も多いのではないでしょうか。その際に気をつけたいのが、美容液をつける“順番”です。

最初に水っぽいテクスチャーのものを、次に油分の多いものを重ねることで、浸透を損なわずに化粧品がもつ効能を発揮しやすくなりますよ。

 

■2:美白コスメを使うのは夏オンリー

冬の今も、多かれ少なかれ紫外線を浴びています。私たちの肌は紫外線を浴びることで、肌内部に「メラニン色素をつくれ!」と指令が出され、その結果シミを招いてしまうのです。

シミを予防するためには、1年中美白コスメを取り入れ、メラニンの指令物質を抑制する必要があります。若々しいお肌のためにも、毎日取り入れてくださいね。

 

■3:泡立てネットの水が少ない

少量の水でモコモコ泡がつくれる泡立てネットにも、1つ落とし穴が! あまりにも水が少ないと、洗顔の適正な洗浄濃度より濃いまま肌に触れてしまうことになります。泡立てネットを使う際も、しっかりと水を含ませるのがポイントですよ。

 

■4:洗顔後は冷水仕上げ

冷水洗顔という美容法がありますが、これは肌を冷やすことで毛穴が一時的に縮まったように錯覚しているもの。その冷却効果は短く、また急激な温度変化により赤ら顔の原因になることもあります。

 

■5:コットンパッティング

コットンパッティングも化粧水が深く浸透するわけではないので、やり過ぎは厳禁です。たっぷり化粧水を含ませたコットンで、顔全体をやさしくなでるようにして馴染ませていきましょう。

 

いかがでしたか? 毎日のスキンケアは、美肌への1番の近道です。より結果を出すお手入れのためにも、ぜひ日頃のスキンケアを見直してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ ニキビをつぶすのはNGというのは誤解!正しい白ニキビの潰し方

※ 冬の巣篭もりデートはライトの種類によって使うコスメを使い分け

※ 危険だから今すぐやめて!知らずに肌を痛めるNG美容4つ

※ キレイじゃないと男性にドン引きされる!NGパーツ3つ

※ やりすぎ!男が本気でドン引きする女の「NG美容」10個【後編】