春になると「お肌が不安定になる」5つの理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やわらかな日差しが降り注ぐ、穏やかな春。でも春って、“肌にとっては過酷な季節”なのを知っていましたか?

「なんとなく、肌がくすんでいる気がする」、「乾燥しているのに、部分的に脂っぽい……」など、“ゆらぎ肌”に困っている方が急増中!

まずは、どうして肌が不安定になるのか、その理由をしっかりおさらいしておきましょう!

 

【理由・1】

気温の変動が大きいから。

春先は“三寒四温”と呼ばれるように、急に暖かくなったと思ったらまた寒くなったり……、日によって気温がバラバラ。その上、1日のうちでも、朝晩と日中の気温差が激しい日々が続きます。この寒暖の差に肌が対応しきれないため、肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

 

【理由・2】

乾燥した強い風が吹き荒れるから。

実は3月の湿度は、実は真冬と同じくらいしかありません! (でも、冬を乗り越えた安心感で、保湿ケアを油断しがち)さらに、時おり“春の嵐”、“春いちばん”などの強い風が吹くので、冬よりも肌が乾きやすくなります。さらにその強風によって空気中のホコリが舞い上がり、肌に汚れが付着する原因になります。

 

【理由・3】

紫外線が急激に増えるから。

シミやソバカスだけではなく、乾燥の原因にもなる紫外線(UV)も、3月頃からどんどん増加していきます。“日焼けした肌が乾燥し、乾燥した肌が紫外線を受け入れやすくして、また日焼けしやすくなる”という悪循環に陥りがちなんです。

 

【理由・4】

皮脂分泌量が活発になるから。

気温の高い日が続くと、皮脂分泌量が急激に増えるので、肌にベタつきを感じたり、ニキビや吹き出物ができるケースもあります。冬の間にしていたスキンケアでは対応しきれなくなってしまうのです。

 

【理由・5】

環境の変化でストレスが増えるから。

春は、出会いや別れをたくさん経験する季節。卒業・入学・転職・異動・引っ越し……など、色々な環境やライフスタイルの変化を経験しますよね。そのあらゆる変化が重なって精神的なストレスを生み、肌あれを引き起こしてしまいがちです。

 

このように、春は色々な要因が複雑にからみあう、肌にとって最も過酷なシーズン。焦って色々なスキンケアに手を出す前に、まずは不安定なゆらぎ肌が起こる要因をしっかり知っておきましょう!

 

【関連記事】

※ 「アユーラ」の新スキンケアで大人ニキビを防ごう!