太りにくい身体になる!「食べる前に食べる」9つのオススメ食材

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太らないためにはストレスフリーな状態が大切。とはいえ食べたいものを食べたい分だけ食べていたら、体型をキープするのは至難の業。

飲み会や外食の前は、胃腸に低カロリー食材を入れてお酒や油物の吸収を抑えることが大切です。そこで今回は、食べる前に食べた方が良いオススメ食材をご紹介します。

 

■1:グレープフルーツ

余分な水分を排出してくれるカリウム、便秘解消に効く食物繊維が豊富です。アロマテラピー効果で食欲抑制効果もあると言われています。

 

■2:黒糖

自然の甘さには、血糖値の急激な上昇を抑える効果があります。低カロリーでミネラルも豊富なので、料理のとき白砂糖の代わりに使っている人も多いはず。腸内環境を整えるオリゴ糖のほかカリウム、カルシウムも豊富です。東洋医学では体を温める効果もあると言われています。

 

■3:豆乳

大豆サポニンという成分が食事前の腸内環境を整え、余分な糖質・脂質の吸収を防ぎます。大豆イソフラボンは女性ホルモンの乱れを整える効果も。

 

■4:黒酢

腸内環境を整えてくれるクエン酸、りんご酸などを含んでいます。また、人体で合成できない必須アミノ酸も豊富です。

 

■5:炭酸水

炭酸ガスによって胃が膨らむだけでなく、糖質や脂質が体に吸収されるのを防いでくれる役割もあります。

 

■6:こんにゃくゼリー

手軽に手に入って、噛みごたえも十分で腹持ちが良いです。原材料のこんにゃくに含まれているカリウムには、余分な水分を排出しむくみを予防してくれる働きがあります。

 

■7:ヨーグルト

腸内環境を整え、栄養の過剰吸収を防止してくれます。さらに腸内の善玉菌を増やして、便秘解消にもひと役買ってくれます。カルシウムも豊富で、脂肪燃焼効果もあると言われています。

 

■8:青汁

食物繊維が豊富で「1杯でお腹が膨らむ」と噂の青汁。野菜不足の解消にももってこいのドリンクです。原材料のケールにはビタミン、ルテインなどの抗酸化成分、カルシウム、ミネラルなどが豊富です。

 

■9:ナッツ

ミネラル、ビタミンB、E、食物繊維など栄養バランス満点です。食物繊維は糖質の吸収を遅らせる働きも。コレステロールを低下させる、不飽和脂肪酸も多く含まれています。

 

いかがでしたか。食事の前にちょっと手を伸ばせば、太らない体に近づくことができる食材をご紹介しました。食べ過ぎ防止のためにもぜひ取り入れてみてください。

 

【関連記事】

※ 食事が楽しめなくなる!絶対避けたい味覚を鈍らせるNG習慣5つ

※ ブス腸に喝を入れて「正月太りした体を元に戻す」方法2つ

※ すぐ簡単にできる!全然つらくない究極ダイエット6つ

※ 絶対に避けたい「年末年始太り」を誘発する宴席でのNGな食べ方

※ これは楽チン!「お茶にちょい足し」するだけの身近な美肌食べ物