夕方に「疲れてる?」と聞かれない肌になる6つの即効テクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当は元気で昨日の夜も熟睡したはずなのに夕方になると「あれ、今日疲れてる?」なんて聞かれる日ありませんか? それは、お肌に老化のサインが現れている証拠かも。そんな時にお疲れ肌を速攻解消できるテクニックをご紹介します。

 

■1:耳たぶをぐるぐる回す

デスクワークで身体を動かさず、コーヒーやお茶などで水分をとりすぎると、夕方には顔がむくんでパンパンに。そんなときは、耳たぶをつまんで引っ張ったり前後にぐるぐる回してください。血流が良くなってすぐ血色が良くなります。

 

■2:「あいうえお」で表情筋ほぐし

寒さで表情がこわばっているときは、大きく口を開いて「あ・い・う・え・お」と何度も繰り返してください。あえて声は出さず、筋肉を動かすことに集中してみて。30秒間やってみるだけで表情筋がほぐれた感じが分かると思います。

 

■3:温かいペットボトルで首すじ温め

冷え性で気温が低いと顔面蒼白になってしまう方は、温かいお茶などのペットボトルを買って首すじに当ててみて。脇に挟むのも効果的です。

 

■4:手湯で手先を温める

末端が温まると血行が良くなって顔色が良くなります。仕事中に足湯をするのは難しいですが、手湯なら気軽にできるのでオススメ。給湯室でひっそりとやってみてください。

 

■5:口角のラインを描いて口もとを上げる

リップラインがぼんやりしていると、元気がないように見えがち。元気に見られたいならリップメイクをグロスで済ませず、リップラインをしっかり描くと口角がアップして元気顔に見えます。

 

■6:まぶたの高いところに輝きをプラス

まぶたの高いところに縦にゴールド系のアイカラーをプラスすると立体感が出て、疲れた目もとの印象が明るくなります。目頭にもゴールドをちょっと足すと目もとにメリハリが出ます。

 

仕事の疲れ、冷えと乾燥によるお疲れ顔は、温めとクイックメイク直しでリフレッシュしてみてください!

 

【関連記事】

※ 使うのは手だけ!あっという間に芸能人並の小顔になれるテクとは

※ 「たった1分」でできる!夜のスペシャルスキンケアの時短裏ワザ

※ 整形級メイクは目もとを酷使!「クマが定着」を回避するケア方法

※ 誰もが振り向く華やか美人「北川景子」風になれちゃうメイクテク

※ 「お疲れオバ肌」ではモテ確率7割減!女度を上げる美肌テクとは