恐ろしい「ブルドッグ顔=たるみ」は毎日進行していると判明!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前の自分の写真を見て、「うわ~老けたなぁ」と思うことはありませんか? ドクターシーラボのアンケート調査によると、なんと9割もの女性が「3年前に比べてたるんだ」と感じているようです。

ドクターシーラボの研究では、朝と夜を比較しても、夜の方がたるみの範囲が広がっていることが判明! つまり、たるみは日々悪化していくのです。

今回は、恐ろしいブルドッグ顔の進行に立ち向かうべく、たるみを防ぐ方法を5つご紹介したいと思います。

 

■1:うるおいケアを徹底する

肌のうるおいケアは美肌づくりの基本のき。乾燥していると紫外線などの外敵のダメージを受けやすく、しわやたるみの原因になってしまいます。

セラミド、ヒアルロン酸などの保湿力の高い成分が配合された化粧品を使って、お手入れするのがおすすめ。叩き込んだり、コットンで強くこするのではなく、手で顔をつつみ込んでやさしく押し込むようにしてケアしましょう。

 

■2:小顔エクササイズ

たるみは重力を受けることによって起こります。顔に重たいお肉がたくさんついていると、その分引っぱられてたるみがひどくなると考えられます。余分な顔のお肉を取りのぞき、重力の影響を減らしましょう。

 

■3:UVケアの徹底

肌がハリを保てるのは、肌の真皮にあるコラーゲンとエラスチンのおかげ。それら重要なものを壊してしまうのが紫外線です。年中紫外線は降り注いでいるので、しっかりUVケアをしていきましょう。美白コスメの使用もおすすめです。

 

■4:表情筋を鍛える

顔の筋肉が衰えると、たるみに拍車をかけてしまうことに。しっかり表情筋を動かすことで、たるみの防止になります。割り箸をできるだけ奥の歯で噛み、頬を上にあげるエクササイズをしてみてください。

 

■5:コラーゲンを増やす食事

コラーゲンの生成にはビタミンC、アミノ酸、女性ホルモンが欠かせません。コラーゲンそのものを摂取しても、そのままコラーゲンになるわけではありません。コラーゲンのもとになるこれら3つの原料を、食事から補うように心がけましょう。

とくにビタミンCはストレスでも失われ、不足しがち。ブロッコリーやピーマン、焼き海苔などに豊富に含まれていますよ。

 

恐ろしいたるみを防ぐための方法を5つご紹介しました。ぜひ、意識して日々のたるみの進行をおさえてくださいね。

 

【関連記事】

努力がムダに!? いくら美白しても効果が出ないNGポイント3つ

ツヤ肌美人は絶対やらない!老けて見えるNGベースメイク法3つ

エステティシャンも愛用!「年齢不詳女子」になれる美肌食3つ

ストレス解消にもOK!ザクロジュースの意外な健康効果6つ

たった2分でOK!憎き「ほうれい線」を消すとっておきの方法とは 

 

【参考】

9割以上が「3年前に比べてたるんだ」と回答!衝撃の事実!たるみは1日で出来てしまう!?重力による顔のたるみに打ち勝つための有効成分とは!? – ドクターシーラボ