顔が大きく見えちゃう!顔型別「やってはいけないNG前髪」診断

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の形にコンプレックスを持っている女性は少なくありません。たとえば丸顔で幼く見られがち、かわいい系を目指したいのに面長だからかクール系になりがち……など、顔型によって悩みも異なってきます。

顔の形はたまご型が理想だと言われていて、どんな髪型でも似合うとされています。どんな顔型もヘアスタイルでカバーすることでたまご型に近づくことができますが、選ぶ髪型を間違えるとコンプレックスをより強調させてしまいます。

そこで今回は、コンプレックスを強調してしまうNG前髪と、たまご型に近づけるおすすめの前髪を顔型別でご紹介します。

 

■日本人に多い顔型4種

(1)丸顔

(2)面長

(3)逆三角型

(4)ホームベース型

ポイントは、丸顔さんは縦のラインを強調することで、たまご型に近づくことができます。逆に面長さんは横のラインを強調することが必要です。また、逆三角形、ホームベース型さんさんは頭の鉢のハリをカバーするのがポイントです。

 

■顔型別“NG前髪”とおすすめの前髪

(1)丸顔

丸顔さんは、ぱっつん前髪や重めのフルバングスは顔の横のラインを強調してしまうのでより丸さが目だち、幼い印象になるのでおすすめできません。

前髪が長い人はセンターパートで分けると頬が隠れて顔がほっそりたまご型に見えるのでおすすめです。また、前髪を作る場合はやや長めに切り、トップにボリュームが出るように流すと縦のラインが際立つのでおすすめです。

美レンジャー

(2)面長

丸顔さんと逆で、面長さんが避けたいのはセンターパートです。真ん中で前髪を分けてしまうことでより縦の長さが際立ち、顔が長く見えてしまいます。やや厚めに前髪を作り、フルバングスや、1:9、2:8で分けると横のラインが強調され、頬にふんわり感が出てたまご型に近づけます。

美レンジャー

(3)逆三角形

逆三角形さんは、鉢のハリをカバーすることが重要です。横幅を強調するぱっつん前髪や、厚めのフルバングスは鉢を目立たせてしまうので避けた方がよいす。

センターパートで顔の下半分にかけてボリュームを出したり、トップにボリュームを持たせるような前髪を作ることでたまご型に近づくことができます。

美レンジャー

(4)ホームベース型

鉢のハリ、頬骨のハリの両方をカバーすることが大切です。ぱっつん前髪や短めの前髪は横のラインを強調するので、鉢や頬骨のハリを目立たせてしまいます。長めのセンターパートは頬骨のハリをカバーしてくれるのでおすすめです。

前髪を作るときは、長めに切ってフェイスラインにつながるよう斜めに流すと鉢、頬骨ともにカバーすることができます。

美レンジャー

以上、コンプレックスを強調してしまうNG前髪と、たまご型に近づけるおすすめの前髪をご紹介しました。自分の顔型に合った前髪のアレンジを施すだけでバランスよく見え、小顔効果もあるのでぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

髪色が抜ける原因!「ギシギシ色落ちする」NGヘアケア習慣4つ

カールの持ちが悪い人は実践して!巻き髪をキープする秘密のコツ

絶対かわいい!流行りの「ポニーテール」が誰でも簡単にできるコツ

白髪とはもうサラバ!若々しい黒髪維持のために摂るべき食べ物

知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ