コンプレックスを解消できる!顔型別に似合うピアスの選び方とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔周りを華やかにしてくれるだけではなく、オシャレのワンポイントにもなる”ピアス”。ピアスを購入するときは、流行を意識することが多いと思うのですが、実はそれが自分に似合っていないとわかったらどうでしょう。せっかくオシャレをするために取り入れたのに、逆効果になってしまいますよね?

そこで今回は、顔型別に似合うピアスのタイプをご紹介していきたいと思います。

 

■1:丸顔さんに似合うピアス

丸顔さんには、縦のラインを強調して、顔をスッキリと見せることができる縦長のピアスや、ぶら下がり系のピアスが似合います。丸いピアスや横幅があるピアスは、顔を余計に丸く見せてしまうので避けましょう。

 

■2:卵型さんに似合うピアス

卵型というのは、どのようなタイプのピアスも似合う理想的な輪郭だと言われていますので、様々なものを試してみましょう。ピアスで輪郭をカバーする必要がないので、パールやダイヤなどの小粒でシンプルなものもおススメです。

 

■3:面長さんに似合うピアス

面長さんは、縦長のピアスやぶら下がり系のピアスをつけると、顔の長さが強調されてしまいます。横幅を強調することができる、丸いピアスや幅が広いピアスを選ぶようにしましょう。

 

■4:ベース型さんに似合うピアス

ベース型さんは、四角いピアスや平面的なピアスのように、顔の下にボリュームが出るピアスを避けるようにしましょう。丸みとやや長さがあるピアスで、卵型の輪郭に近付けてください。

 

■5:逆三角さんに似合うピアス

逆三角さんは、あごの細さをカバーするために、長さや横幅があるピアスやドロップ型のピアスを選ぶようにしましょう。

 

この他にも、ピアスを選ぶときの目安として、耳たぶの位置を意識する方法があります。左右の耳たぶを線で結んだとき、その線が鼻の頭よりも上にある人は、基本的にピタッとつくタイプも、長さがあるタイプもバランス良く似合います。ですが、鼻の頭よりも下にある人が長さのあるピアスをつけると、下にボリュームが出てしまい、首が短く見えるので気を付けましょう。 

自分に似合うピアスの形がわかったら、次に購入するときの参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

顔型に自信がない人必見!お悩み別「おでこ出しヘア」の成功テク

伸ばしかけの前髪が「うざくてジャマ」にならない超簡単アレンジ

頬以外の顔パーツにチークを入れて男性をキュンとさせるテク3つ

忙しい朝に役立つ!ドライヤーだけで超簡単に寝ぐせを直す方法

プロデューサー巻き以外も!おしゃれに見えるカーディガン巻き5つ