超簡単!メイクの「順番を変えるだけ」で井川遥なみのツヤ肌に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140121kiyozaki01

スッピンをキレイに保つことも大切ですが、メイクのせいでスッピンの良さが消えてしまった経験はありませんか? 普通ツヤ肌を作るとき、パウダーの“後”にハイライトやグロウパウダーを重ねますよね。この方法だと、キラキラと華やかにはなりますが、何だか粉っぽい印象が拭えません。

今回はスッピンがより引き立つ、内側から発光するようなツヤ肌を作るメイク法をご紹介しますね。

 

■ハイライトをパウダー“後”にのせるのはNG

どんなに有能なパウダーでも粉という性質上、ツヤ感が落ちてしまうのが問題。その上からツヤのあるパウダーを重ねても反射力が足りないことが多いです。そんな時は、思い切ってパウダーの前にツヤを作りましょう。

また、ファンデーションもリキッドタイプや美容液配合タイプなど、お肌に潤いを与えながら作り込むほうがよりツヤツヤに仕上がります。濡れた感じの肌の上に、ハイライトをのせるとより光の反射が強くなります。

 

■肌色に合ってないハイライトは不自然に

筆者が使用しているハイライトは、ややゴールド系のもの。お肌が黄色よりの人は、ゴールド系が自然となじみます。また、色白さんはピンクゴールドやシルバーなど、白が強いハイライトが自然となじみます。メイクアップコーナーで、どっちが自然か必ず試してみることをおススメします。

 

■ほうれい線の上にもハイライトを!

とくに30代過ぎとなると、顔に肉がつきにくくなってきます。でも痩せ過ぎてしまうと老けた印象になるため、ふっくらした凹凸も必要になってきます。

そこでオススメなのが、ほうれい線の上にもハイライトを入れる方法。シワに入り込むと目立ってしまうので、シワにはあまり入れないよう気をつけながら入れてくださいね。

 

目標は、化粧品のCMに出ている女優さんたちのツヤ。みずみずしくハリのあるイメージに近づけるため、メイク順を変えてみる今回のテクニック、ぜひ一度お試しあれ。

 

【関連記事】

※ クマが隠せてない!「下手すぎる」目元のコンシーラーNG使い3つ

ツヤはだ美人は絶対やらない!老けて言えるNGベースメイク法3つ

憧れは永作博美!「40代でキレイ」と言われるには肌ツヤが必須

美しすぎる30代!「井川遥」風ナチュラル美人まねっこメイク

透明感ありすぎ!誰もがはっとする「ピュア肌メイク」のコツ3つ