眉は下ラインが命!下側の毛を抜かずにキレイに見せる驚きの裏技

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年流行りが変わる眉。「流行に合わせるどころか、いつもあまり変わらない眉のまま」と、アカ抜けない眉に悩んでいませんか? 太さや形が違うだけで、イメージが激変してしまう超重要パーツだからこそ、今すぐ使えるポイントが知りたいでしょう。

そんな人のために今回は、初心者でもすぐに上手く描けるオススメアイテムから、トレンド眉に必須なアイテムまで、ポーチの中をチェックしながら一緒に勉強したいと思います。

 

■極細ペンシルって知ってますか?

眉毛を描くのに必須のペンシル。色は気にしてても、“細さ”をあまり気にしていない人も多いのでは? 最近は、極極細いペンシルが増えていますので、自分の眉の太さと合った細さを探すのは賢い方法。(写真参照)

1本描き足すという作業が一番重要なポイントになるので、まずは道具選びからしっかりすることで仕上がりに差を生みます。

 

■髪と同じ色の眉は時代遅れ

ここ数年のトレンドは、髪色よりワントーン以上明るめ。髪と同じ色は時代遅れの印象になります。

眉マスカラを毛の流れと逆方向へブラッシングしながらつけていくと、根元近くまで着色できて仕上がりもキレイになります。また、眉マスカラは色付けだけでなく毛並みをそろえてくれるので、その後の眉カットの量も減らせて、スッピン時「眉毛がない!」ということも避けられるメリットも。

 

■眉は“下のライン”が命

ブリーチやマスカラがなくっても、コンシーラーで代役が務まることも覚えておけば、バリエーションがさらに広がります。大事な眉毛をできる限り残しておきたいときは、コンシーラーで塗りつぶしましょう。(写真参照)

とくに、ナチュラル眉にしたい時は、眉の上側は少しルーズな感じ仕上げますが、下側は1本はみ出ただけで、だらしない印象になります。とくに下側の毛が飛び出ている人は、コンシーラーで消すテクをぜひ試してみてください。

 

眉を上手く描くポイントは、とにかく細かい部分にこだわること! そのために、細いアイテムを見つけ、1本でもはみ出ていたらコンシーラーで消す。小さな範囲ですが、毛が生えている部分はとくに異性から注目を浴びます。まずは、今日の3つのポイントを見直してみるだけでも印象が変わってきますよ。

 

【関連記事】

※ 「時代遅れ」眉毛卒業!古臭い眉をイマドキに見せるポイント5

顔の印象の8割を決める眉の形に悩みがある人はどうすればいい?

自己流はもうやめて!美容師が教える本当の「眉カット」基本のき

たった30秒で美人顔に!今さら聞けない超簡単「眉マスカラ」テク

※ 「ゲッ!マロになってる」という衝撃とサヨナラする眉メイク裏技