リップを塗って寝るのはNG!実は逆効果な「勘違スキンケア」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は乾燥しやすい季節なので、特に念入りに毎日お手入れをしている人も少なくないかと思います。しかし、良かれと思って行っていることが実は逆効果……ということも少なくありません。

そこで今回は、実は逆効果になってしまう冬の勘違いスキンケアを5つご紹介します。

 

■1:リップクリームをつけて寝る

唇の乾燥対策として有効なリップクリーム。しかし、寝る前にたっぷりとリップクリームを塗って寝るのはおすすめできません。リップクリームに含まれる油は、長時間つけ続けると唇が荒れて乾燥する要因のひとつなので、寝る前は口紅同様、クレンジングで落とすようにしましょう。

乾燥が気になる場合は、化粧水や乳液を指でやさしくなじませてあげると効果的です。

 

■2:マスクをして寝る

マスクをすることで湿気がこもり、肌が乾燥しないと思われがちですが、実は注意が必要です。マスクをして寝ると、動いたり寝返りをうつたびにマスクが肌に擦れて刺激になります。さらに、マスク内は湿気がこもっていることで、細菌が繁殖しやすい状態になっています。

乾燥対策にはなるかもしれませんが、吹き出物や肌荒れの原因になってしまうことも。乾燥が気になる場合は枕元に加湿器を置いて寝るなどの対策をとると、乾燥が緩和されるのでおすすめです。

 

■3:クレンジングでマッサージ

体と同じで、顔も冷えると血行が悪くなり、新陳代謝が低下してしまいます。ターンオーバーのリズムを整えるためにもマッサージで血行促進することは大切ですが、クレンジングのついでに行うのはNGです! 多くのクレンジング剤に含まれる界面活性剤は洗浄力が強く、長時間肌の上に置いておくことで乾燥につながります。

クレンジングは短時間ですませ、マッサージは専用のマッサージクリームを使用しましょう。

 

■4:シートマスクで長時間パック

たっぷり美容成分を含んだシートマスクは、使用することで一気に肌がうるおい、透明感もアップします。しかし、注意したいのは目安の使用時間。パックをしている間にテレビに見入ったり、本を読んだり、寝てしまったり、目安の使用時間を超えたパックは逆効果です。

シートマスクが乾燥してくると、逆に肌の水分が吸収されてしまう可能性があります。使用時間を守って使うことが大切です。

 

■5:ナイトクリームをこってり塗る

寝ている間の乾燥を防ぐために、テカテカになるほどナイトクリームを塗るのはNG! 寝返りをうったときに、布団や枕のほこりやダニがべったりと肌についてしまいます。ほこりやダニは肌への刺激になり、肌荒れや吹き出物の原因になります。

パッケージの適量の記載を目安に、特に乾燥が気になる部分からやさしくのばすとよいでしょう。

 

以上、冬の勘違いスキンケアをご紹介しました。肌のトラブルが起こりやすい冬だからこそ、正しいお手入れを意識してくださいね。

 

【関連記事】

オバさんに見える「おでこのしわ」が深~く刻まれるNG習慣5つ

小じわが「クシャッと深くなる」前にオフィスでやるべき乾燥対策

良かれと思ってやってる「目元がくすむ」最悪のお手入れ習慣4つ

たった半分食べるだけで「カサカサ乾燥肌を撃退」できる魔法の食材

それって勘違い!「大人ニキビ」の治りを妨げているNG習慣7つ