貧乏くさい!お気に入りのニットが「毛玉だらけ」になるNG習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節だけではなく、春先まで大活躍してくれるニット。特にお気に入りの一枚は、活躍すればするほど毛玉ができてしまい、オシャレを台無しにしてしまうので悩ましいですよね。

そこで今回は、お気に入りのニットを毛玉から守る方法について、お話していきたいと思います。

 

■毛玉ができるメカニズム

毛玉は生地表面の摩擦の影響で繊維の先端が毛羽になり、それが束になって絡み合うことでできます。そのため、摩擦が起こりやすい袖口や脇の下、腰、肩などにできやすいのです。編み方にもよりますが、女性が好きなアンゴラやカシミヤなどの柔らかい素材のものは、毛玉ができやすいので着用前に必ずチェックするようにしたいところ。

このようにニットである以上、毛玉を避けることは難しいのですが、「貧乏くさい」「古臭い」なんて思われることなく、キレイな状態を少しでも長くキープするために、下記の方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

■ニットが毛玉だらけになるNG習慣

(1)連続して着用する

お気に入りのニットだからといって連続して着用すると、生地が摩擦の影響を受ける頻度が多くなります。また、洗濯やクリーニングの回数が増えることも、毛玉ができる原因になるので、連続した着用は控えましょう。

(2)脱いだらそのまま

ニットを脱いだら平らな場所に置き、洋服ブラシをかけましょう。そうすることで、毛羽の絡みや毛並を整え、ほこりなどのゴミを取ることができます。このとき、生地を傷めることがないように、編地の目に沿って、優しくブラシをかけるように注意してください。

(3)バッグを肩や腕にかける

バッグを肩や腕にかけて持つと、その摩擦でニットに毛玉ができてしまいます。お気に入りのニットを着るときは、バッグの持ち方にも工夫をしましょう。

(4)毛玉を雑に取る

毛玉の取り方として手で引きちぎったり、スポンジやかみそりを使う方法がありますが、生地を傷めてしまうのでオススメできません。また、毛玉取り機は手軽に使えるのですが、生地を絡めて穴を開けてしまう危険があります。

毛玉は小さなハサミを使って、丁寧に取り除くようにしましょう。ただし、毛玉が気になるからといって取りすぎては、ニットの寿命を縮めることになりますので、気を付けましょう。

 

「毛玉は絶対にイヤ!」という人は、抗ピリング加工といって毛玉になりにくい加工をしている素材の衣類を選ぶのもいいのでは? お気に入りのニットを、いい状態で長く着るための参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

実はかなり汚れてる!秋冬ニットを自宅で上手にお手入れするコツ 

※ 「時代遅れすぎてヤバイ」と思われないタートルネックの着方テク

男ウケ最悪!「何それ?」と絶対ドン引きさせるNGタイツ3つ

プロデューサー巻き以外も!おしゃれに見えるカーディガン巻き5つ

「何か違くない?」と思われちゃうペンシルスカートにNGな体型