年齢以上に老けた印象に!怖い「目の下のたるみ」を作るNG習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目元の皮膚がとても薄いというのは、美容に敏感なみなさんならご存じですよね。そのため、皮膚の下の血液のよどみなどが透けてしまい、仕事が忙しいときや、体調が悪いときにどんよりと目立ってしまいます。クマにもいくつか種類があるのですが、ほとんどはメイクで隠すことができます。

ですが、そこに“たるみ”が加わることで、格段に老けた印象を与えることになるのです。そこで今回は、加齢を加速させる目の下のたるみについてお話していきたいと思います。

 

■老け顔を作る目の下のたるみの原因

目の下のたるみは、顔の中でも目立ちますよね? このたるみがあるのとないのとでは、顔の若々しさに大きな差が開いてしまいます。では、どうしてたるみができてしまうのでしょうか? それには、眼輪筋の衰えや、目元、肌の老化、疲れ目などが関係しているのですが、具体的な原因は下記のとおりです。

(1)長時間にわたる集中した作業

パソコンなどを使って長時間集中して作業をすることで、目は酷使されています。また、集中しているときは、瞬きの回数が減少するので、眼輪筋の衰えにもつながります。その結果、目の周りの血液や老廃物がスムーズに排出されなくなり、たるみができてしまいます。作業の間に適度な休憩を取り、目を休ませるようにしましょう。

(2)紫外線の影響

しっかりとした対策を取らずに長時間紫外線にあたると、皮膚の弾力が失われてたるみができやすくなります。

(3)スキンケアやコスメの油分

油性成分や界面活性剤を含むスキンケアやコスメは、肌のハリを失わせ、たるみやしわを作る原因になります。スキンケアをするときは、皮膚の成分に近い馬油やホホバオイルなどを使用するのがオススメです。

当てはまるものはありましたか? 次に、目の下のたるみの対処法をご紹介いたします。

 

■目の下のたるみの対処法

(1)エクササイズ

顔は天井に向けたまま、目線を床にうつし、瞬きを20回します。次に、顔は床に向けたまま、目線を天井にうつし、瞬きを20回します。このエクササイズを朝晩行いましょう。

(2)メイク

まず、目の下をしっかり保湿し、それからコンシーラーでクマを隠します。このとき、目の下に三角形を作るようにコンシーラーをのせると、クマがキレイに隠れますよ。そして、立体感を出してたるみを目立たなくさせるために、ハイライトを入れます。ハイライトは、たるみ部分に直接入れると反対に目立たせることになるので、たるみの下に入れてください。

 

その他にも、下を向いてのスマホ操作を減らすことも、たるみの予防につながります。これなら、すぐにでも実践できそうですよね? さっそく試してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

30代~は食事が大切!美肌のためにアラサー女性が摂るべき栄養素

アラサー女は気合が必要!本気でキレイを維持するエクササイズ

挽回可能!? メイクを落とさずに寝てしまった翌日にやるべきこと

使うのは手だけ!あっという間に芸能人並の小顔になれるテクとは

見た目年齢がUP…マリオネットラインを加速させるNGなクセ