涙袋メイクの次はコレ!デカ目&小顔が叶う「下まつ毛メイク」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専用のメイクアイテムが発売されるほど大流行した涙袋メイク。涙袋を強調すると目が大きく見え、頬の面積が狭くなり小顔に見えるということで大人気ですよね。このようにデカ目と小顔は深い関係にあり、女性なら誰もがそうなりたいと思うもの。

今回は、涙袋メイクならぬ“下まつ毛メイク”で、デカ目&小顔に見えるコツを伝授致します。

 

■1:使うものはアイライナーペンシルだけ

“下まつ毛メイク”といっても、下まつ毛にマスカラをたっぷり重ね塗りするわけではありません。では一体何をするのでしょう? 答えは、化粧ポーチに入っているアイライナーペンシルで下まつげを“描く”だけなのです。

20131219seto4

このように、アイライナーペンシルで下まつ毛の生え際を点のように描きます。下まつ毛の影を作るようなイメージでほんの少しだけ描くのがポイントです。自然に仕上げるために、ブラックではなくブラウンのアイライナーペンシルがおすすめです。

 

■2:より強調したい時はオフホワイトのアイライナーペンシルで

さらに下まつ毛を目立たせたい!という時は、オフホワイトのアイライナーペンシルで下の粘膜を塗りつぶします。そして先ほど書いたまつ毛の影の間にも、同じくオフホワイトのアイライナーペンシルで点を描き、下まつ毛を際立たせます。

20131224seto1

この時も、くっきり描いてしまうと不自然なギャル風メイクになってしまうので、あくまで少しだけ。

 

■3:アイライナーペンシルで描いたあとは綿棒でボカす

下まつ毛メイクは、下まつ毛の影を作るメイクなのでくっきり描いてしまうと不自然になってしまい、周りから「あれ? まつ毛描いてる?」と恥ずかしい指摘を受けてしまい失敗します。

あくまでも影を意識して、最後は綿棒で軽くボカしましょう。

 

この下まつ毛メイクで目元にインパクトが出た分、リップは薄めのピンクやベージュにするのがオススメです。1月から続々発売されている春のコスメのキーワードは“ピンク”なので、ピンクのリップやアイシャドウとも相性がバツグンのこの下まつ毛メイク、ぜひ明日から試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 黒目強調だけではNG!美人な目には「白目」キープが重要な理由

※ 目が小さく見えるのは顔の中で一番こりやすいアノ部分のせい!?

※ 男性が喜ぶ目元になれる!薄め「アイメイク」のコツ4つ

鼻の頭をピンクに!男性が思わず守りたくなるピュア顔チークとは

※ 仕事中にコッソリできる!疲れ目をパッチリ大きくするテクとは