いつものメイクにチョイ足しで「北川景子の目」になれる極意4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美レンジャー

北川景子さんのような、華のあるパッチリアイに憧れる女性は多いかと思います。しかし、目を大きく見せるためにつけまつ毛をぎっちり、アイシャドウをごってり、アイラインを太くひくのは逆効果。目を強調することはできても、自然なパッチリ感からはかけ離れてしまいます。

実は、アイシャドウやアイラインを太く濃くしなくても、目をパッチリ見せることができます。特別なアイテムは一切不要、いつものアイテムでいつものメイクにチョイ足しするだけで目を大きく見せることができます。

そこで今回は、チョイ足しで目をパッチリさせるテクニックを4つご紹介します。

 

■1:黒目の上のアイラインをチョイ足し

目をパッチリ見せるには、目の縦のラインを強調させることが大切です。いつものようにアイラインをひいたら、黒目の上の部分を少しだけ太目にします。全部を太くすると目を閉じたときに不自然に見えてしまいますが、黒目の上の部分だけだと自然に見え、目を開けたときにも効果的です。

 

■2:涙袋の中心にハイライトをプラス

美レンジャー

黒目の上のアイライン同様、縦のラインを強調するため、下まぶたの涙袋部分にもチョイ足しします。ベージュやイエロー、ピンクの明るめのアイシャドウを涙袋の中心にチップでのせます。そのことでアイライン同様、目の縦のライン強調することができます。

 

■3:黒目の上に光をプラス

美レンジャー

アイシャドウの色よりもワントーン明るい色を、指で取って黒目の上部分にポンと1ヵ所色をのせます。目に立体感が生まれ、目の丸みが強調されることから目をパチッと見せることができます。ポイントは明るい色を広くのばすのではなく、黒目の真上にピンポイントで色をのせることが大切です。

 

■4:目尻のアイラインをちょこっと描き足す

美レンジャー

ペンシルアイライナーでアイラインを描いたあと、目尻の1/4部分だけ再度描き足してぼかします。目を開けたとき、目尻に高さが出るので、目の高さが増して見えます。アイライン全部を描き足し、太く描きすぎると二重のラインを塗りつぶしてしまうことになり、パッチリ感が失われてしまいます。1/4という部分がポイントです。

 

以上、チョイ足しで目をパッチリさせるテクニックをご紹介しました。いつものメイクにちょこっと足すだけで簡単にできるので、ぜひ試してしみてくださいね。

 

【関連記事】

これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

男ウケ抜群な「ローラ顔」になれる真似っこメイクの全プロセス

男性胸キュン!カッコかわいい「安室ちゃん顔」真似っこメイク

全然隠せてない!周囲がギョッとするコンシーラーのNG使い3つ

気にしてる丸顔をもっと「まんまる」に見せちゃうNGメイク4つ