即実践!サロン帰りのサラツヤ髪になれるテクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛の洗い方で、何となくシャンプーで泡立てて、トリートメントかリンスをつけているという方、多いのではないでしょうか?

サロン帰りの髪の毛になりたいと思ってサロン用のシャンプー&トリートメントを購入しても、何だか違う……。何だかまとまらない……。

 

そこで、美容師さんにシャンプーのコツを聞きました。同じものを使ってもテクニックで仕上がりが変わるのはメイクもそうですが、髪の毛だって同じです。

まず、できれば使用するシャンプーは、髪や肌に悪影響が出ないように、できるだけ合成界面活性剤が少ないものを選びましょう。

頭皮から有害な化学物質が入り込むと、毛根だけでなく、髪のキューティクルにも悪影響を起こしてしまいます。

使用するシャンプーを見直し、正しい洗髪方法を身につけて、頭皮と髪の健康を手に入れましょう。

 

■サラツヤ髪になれるテクニック

シャンプー前に、髪の絡まりやほこりを取るためにブラッシングを行います。こうすることで、頭皮の血行も促して、たるみ予防の効果もあります。

髪を傷めないように、毛先の方から軽く行いましょう。

また頭皮の古い角質を落として、新陳代謝も促す効果も。髪の毛だけでなく、頭皮にも効果があるブラッシング。

したがって、ブラシは自然素材で先が丸いものを使いましょう。尖っているものだと頭皮を傷つけてしまうのでご注意を!

 

■正しい洗髪方法

シャンプーで重要なポイントは、髪の毛よりも頭皮なんです。

1、シャワーでしっかり汚れを落とします。

ここでは2~3分行います。この時点で汚れの70%ぐらい落ちます。

2、そして、水気を切ります。水気を切った方が、少ないシャンプー量でもしっかり洗えるし、経済的♪

3、シャンプー剤を直接髪につけるのではなく、洗顔と同じよいにしっかり泡立ててから髪の毛につけましょう。

4、頭皮をマッサージするように、指をたてないように指の腹を使って洗います。

5、しっかりすすぎます。シャンプーで泡立てる時よりも時間をかけてすすぎます。

6、トリートメントを毛先から中心につけます。

トリートメントをしている間に、出来たら体を洗ったり、洗顔を行うと浸透して良いです。

7、しっかりすすぎます。

 

以上の方法を意識して、シャンプーをしてみてくださいませ。

髪のパサつきや広がりが気になる方、頭皮の臭いが気になる方。

ぜひ、行ってみてくださいね♪