まさに整形級!メザイクを使って「くっきり涙袋」を作る簡単テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若者と落ち着き世代を、大きく分けるメイクの代表格になりつつあるのが涙袋です。どうやっていいかわからない、そもそも涙袋なんて膨らんでいないというみなさん。二重まぶたを作る為の道具『メザイク』をご存じですか?

今回は通常ならば上まぶたに使うメザイクを、下まぶたに使うことで立体的な涙袋を手に入れられるコツを伝授します。

 

■小顔効果がバッチリ!

『美レンジャー』の過去記事「読モのマル秘テク!究極のポイントメイク“涙袋”には小顔効果があった」でも説明されているように、涙袋の存在感を大きくすることで、ぱっちり目と小顔効果が期待できます。

鼻を大きく見せると顔全体が大きく見えてしまいます。しかし鼻以外のパーツを大きく見せることには、小顔効果が期待できるのです。

 

■保湿は肝心! ただし直前に塗布しないこと

メザイクは糊がついた細い糸状のものです。油分の多いクリームが肌に残っているとすぐに取れてしまう可能性があります。目の下は細かいシワが目立ちやすいのでしっかり保湿を行いますが、メザイク塗布の直前にやってはけません。

 

■膨らみ部分に明るいピンクを塗布

パール感のある薄色チーク、もしくはアイシャドウを目頭から目尻まで、涙袋全体に塗布して存在を強調します。下まつ毛の際にアイラインを引きたい人は、クマに見間違えられてしまう紫やブラウンはさけてください。明るくてかわいらしい色味のピンクで涙袋を強調します。

できれば涙袋用のライナーかパウダーを使うのがおすすめです。

 

■アイラインは細く、ハイライトとシャドウで上手に色づけ

下まぶたにはアイランがいらないくらいですが、引く時は極細の筆タイプのものでにじみにくいものを選びましょう。薄いブラウンのシャドウを、涙袋の下になる部分に乗せてうっすらと陰を作ります。その下にハイライトで明るさを足すことで、涙袋が立体的に見えます。

 

■色づけが完成したらメザイクを下まぶたに付ける

アイメイクが完成したら、メザイクの登場です。ほんのりシャドウを入れた部分よりやや上、笑顔になったときに浮き出る涙袋を強調できる位置を探しましょう。メザイクの端が浮いてきてしまう場合はつけまつ毛用の糊か、アイプチを使って糸を肌に密着させます。

 

文字にすると長い行程のようですが、いつものメイクに下まぶたメザイクを取り入れるだけだと考えれば、すぐに取り入れられそうですよね。明るく優しい色味のピンクを使うことで、新しいメイク方法に挑戦してみては?

 

【関連記事】

※ 見た目年齢がグンと上がる!目もとの「くしゃシワ」撃退テク4つ

※ 超簡単!メイクの「順番を変えるだけ」で井川遥なみのツヤ肌に

こんなの知らなかった!美人度が劇的UPする最強お買い物術とは

ヨンアが毎日必ずやってる!美脚になれちゃうアロママッサージ法