冬場の冷えによる便秘解消におすすめ!「ホットバナナ」で腸若返り

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘で悩む女性は少なくありません。慢性的に便秘がちな人は、体がさびやすく腸や皮膚の老化を早めてしまいます。特に冬は冷えることで腸の働きが低下し、より便秘を深刻化してしまいます。

様々な腸に関連する著書を発表し、腸のスペシャリストとして、メディアでも活躍中の松生クリニック院長の松生恒夫先生も以下のようにお話しています。

<“冷え”は直接的、間接的に便秘の大敵、ひいては腸の大敵となります。便秘になることで、腸に老廃物がたまり、お腹の張りや肌荒れ、病気の原因となり、体がサビつき、腸や皮膚が老化していきます。腸のトラブルが引き金となり、全身に影響を及ぼすのです。>

そこで今回は、そんな便秘をスッキリ解消し、腸のスローエイジングに効果的な「ホットバナナ」についてご紹介します。

 

■バナナが持つ若返りパワー

バナナには以下のような嬉しい効果が期待できます。

(1)整腸作用

(2)抗酸化作用

(3)皮膚を強くする

 

バナナの食物繊維が腸内をキレイに清掃し、老廃物が排出されます。便秘解消はもちろんのこと、肌の調子が改善したという報告もあります。また、意外と知られていないのがポリフェノールが含まれていること。ポリフェノールの強い抗酸化作用が、活性酸素による肌の老化を遅らせてくれる効果も。 

更に、紫外線でダメージを受けた組織の修復に必要不可欠なビタミンB群を多く含み、皮膚の抵抗力を強める効果も期待できます。

 

■体に嬉しい“ホットバナナ”

美容と健康に嬉しい効果がたくさんあるバナナは、そのまま食べても効果的ですが、“温める”ことでより効果がUPします。

温かいまま食べることにより、腸が冷えないことで、冬に低下しがちな腸の働きをキープできます。ポリフェノールなどのファイトケミカルを効率よく摂取でき、糖度も増して、おいしく食べられます。

そして食べるタイミングは朝がおすすめです! 寝起きで体温が低下している朝だからこそ、ホットバナナを食べて腸をあたためることで腸の働きが活性化されます。

 

■おすすめホットバナナレシピ

美レンジャー

忙しい朝でも簡単につくれるのがホットバナナの利点のひとつ。以下の3ステップだけで簡単にできます。

 (1)バナナの皮をすべてむく

(2)一本まるごと、またはざく切りにする

(3)フライパンまたは電子レンジで加熱

 

電子レンジの場合は500W~700Wで30秒~40秒で完成です。フライパンの場合は1分程度加熱し、表面に焼き色がほのかにつけば完成です。

また、加熱時にオリーブオイルをかけることで効果が更に増します。油膜をつくり、体内で高い保温力をキープしてくれます。また、オリーブオイル自体にも抗酸化作用があるのでホットバナナの若返り効果が増強されます。

アレンジとして、ココアパウダーやシナモンパウダーを上からかけることで保温効果が増すのでこちらもおすすめです。

 

冬はただでさえ乾燥や肌荒れが気になる時期です。簡単につくれるホットバナナで便秘を解消して、内側からスッキリ美肌を目指してくださいね。

 

【参考】

※ バナナ大学