生理痛が「ヒドイ人と軽い人」その違いはいったいどこにある?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月に一度やってくる憂鬱な日。生理のことをそう思う女性は多いのではないでしょうか。生理痛を経験している女性は8割以上とも言われ、痛みの大きさには関わらずとも、ほとんどの女性がこの痛みから解放されたいと思っていることでしょう。

でも生理痛に悩まされている人がいる一方で、生理痛とは無縁の方がいることも事実です。その違いはいったい何なのでしょうか?

 

生理痛はそもそも何が原因なの?

毎月の生理が終了した後から排卵期にかけて子宮の中では、受精卵が着床するベッドのような役割を持つ“子宮内膜”が形成されます。卵子が放出され、その卵子が受精卵となり着床しなかったとき、子宮内膜がはがれ血液と一緒に体外に排出されます。これが生理で、この時の痛みが生理痛です。

子宮を収縮させて血液をスムーズに外に出すように促すホルモン、プロスタグランジンが生理中に分泌され、このホルモンの量が多い人は生理痛を感じることが多くなります。また子宮口が狭いと血液が外にうまく流れにくく、これも痛みの原因となります。

 

どうしたら生理痛がない人になれるの?

若くて子宮もまだ成熟していないときは子宮口も狭く痛みを感じやすいですが、年齢を重ねたり、妊娠、出産を経験すると子宮の出口も広がって、生理痛も軽減されることが多くあります。

またプロスタグランジンの分泌については、普段のストレスや自律神経のバランスを崩すことで、悪影響を及ぼしてしまいます。さらに身体が冷えていると血流が悪くなり、プロスタグランジンも骨盤内に停滞して痛みがひどくなってしまいます。

だから、ストレスを軽減して身体を冷えないように温めてあげることが、生理痛とさよならする第一歩です。

 

もちろん、生まれ持った体質も少しは関係しているかもしれませんが、生理痛は普段の生活習慣や食生活を気を付けることで、改善の余地は十分にあるのです。ただし、重い生理痛が続く場合などは子宮内膜症をはじめとする病気のサインかもしれませんので、そのようなときはすぐに医師に相談するようにしてくださいね。

 

【関連記事】

その「体調不良」は危険信号?今すぐ自分でできる子宮内膜症診断

放置するとマジで危険な「月経不順」から脱却する方法3つ

生理痛から安産まで…女性の悩みを解消してくれるツボ【ツボセラピー】

アソコに貼るだけ!冷え解消も脂肪燃焼もOKな魔法のシート

座ったままさするだけ!ズドーンと痛い生理痛を緩和する簡単テク