特別な日だから冒険を!クリスマス用「女度3割増し」勝負メイク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待ちに待ったクリスマス。彼とディナー、気心の知れた女友達と女子会など、皆さんはどんな夜を過ごしますか? 聖なる夜だからこそ、いつもとは違う自分を演出したいですよね。

そこで今回は、華やかなクリスマスにぴったりな、女度を上げる“勝負メイク”をご紹介します。

 

■ベースが命! しっとりツヤ感のある肌

お肌が乾燥していたり、あまりにもマット寄りのお肌では、どんなにポイントメイクを華やかにしてもちぐはぐな印象になってしまいます。

おススメは、カバー力とツヤ感を兼ね備えるリキッドファンデーション。さらに、仕上げのお粉をキラキラとパール感のあるもので仕上げると、内側から発光するような明るいお肌が完成します。

普段パウダーファンデーションをお使いの方は、下地をパール感のあるタイプに替える、スキンケアの最後にオイルを1滴プラスするなどすると、ツヤ感のあるお肌に仕上がりますよ。

 

■キラキラ潤んだ瞳

夜のイルミネーションに溶け込んでしまうような、キラキラと潤んだ瞳を作っていきましょう。アイシャドウもマットな質感のものより、サテンのような光沢感やキラキラ感があるものを選ぶのがポイントです。普段ブラウン系が多いという方は、旬のバーガンディ(ワインレッド)やピンクをもってくると、より新鮮に華やかな印象になります。

「そこまで冒険するのはちょっと……」という方は、上まぶたは普段使っているアイシャドウで仕上げ、下まぶただけ色味を変える“ちょい足し”がおススメです。バーガンディやピンクのアイシャドウは、目元を潤んだように見せてくれるので、ぜひ取り入れて。

アイライン、マスカラが終わったら、最後に下まぶたの粘膜部分を白や生成り色のペンシルアイライナーで、軽くラインをひきます。このひと手間で白目がよりクリアに見えて、うるうる感が増しますよ。

 

■恋するほっぺ

チークは、顔色から相手に与える印象まで左右してしまう、大切なパーツ。入れ方を工夫することで、より可愛らしい雰囲気に仕上がります。

黒目の内側部分にチークブラシを当てて、そこから下に向かってVの字を描くイメージで“ハート型”にチークを入れてみてくださいね。

 

■ぷるるん愛されリップ

崩れがちなリップメイクは、仕込みを入れることで崩れにくく、また“ぷるるん感”をアップさせることができます。

リップ下地で唇のコンディションを整えたら、ハイライトやチークの白パウダーで、筆を使いながら唇の山部分をなぞります。たったこれだけで唇にぷくっとした立体感が出るので、その後の口紅・リップがより映えますよ。

 

いかがでしたか? いつものメイクにマンネリ気味という方に、クリスマスにおススメなメイクをご紹介しました。キラキラ輝くメイクで、忘れられない一日を過ごしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 冷えや乾燥下でも「キラリ冬美女」になれるお手入れポイント3つ

※ キスをする時にドン引きされないためにしておくべきお手入れ3つ

※ X’mas戦略!いつもと違う印象で彼をドキッとさせるメイクテク

※ 冬デートで避けたいNGメイクを助ける「モテ血色チーク」とは?

※ 「モテない地味女子」から抜け出す華やかカラーマスカラ活用テク