7秒も!? 男性がキスしたいと思う「フェロモン唇」の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんが最近キスしたのはいつですか? つきあっている彼はいるけどこの頃キスの回数が少ない、新しい彼とまだキスをしていない方、もしかするとあなたの唇のフェロモン度が足りないのかも……。

さらに、2010年英マンチェスター大学での実験で、このような結果が出たそうです。男性50人に女性の顔写真を見せ、10秒間での目の動きを測定。

その結果、リップなどでメイクをしている唇は、なんと平均7秒も見つめられたそうなのです。目は0.95秒、髪は0.85秒と、唇に比べるとその差は歴然。一方でメイクをしていない唇はたった2.2秒だけ。

この実験をしたGeoff Beattie博士は、「女性がセクシーな魅力を最も伝えられるパーツは唇」と断言しているようです。一説によると、女性の唇は、デリケートなあそこを連想させる、と言う話もあるくらい!

だから、ツヤツヤで潤いあふれる見た目は、男性本能がそそられるのかもしれません。そこで今回は、彼が思わずキスしたくなるぷるんぷるんのフェロモン唇のつくり方をご紹介します。

 

■彼を誘う魅惑のフェロモン唇のつくり方3ステップ

ガサガサ唇では、彼の「キスしたい」という気持ちを萎えさせてしまいます。うるおいケアはリップクリームなどでちゃんとやっているという方、それだけでは不十分。では、彼を誘う唇のつくり方を見ていきましょう。

(1)お砂糖で角質ケア
古い角質がたまっていると、どんなに保湿力の高いリップクリームやスペシャルケアをしても浸透せず効果半減! すぐにボロボロと皮がめくれてきてしまいます。

おすすめなのが、お砂糖を使った角質ケア。砂糖、オリーブオイルを混ぜたものを、くるくると唇になじませて洗い流すだけ。『美レンジャー』の過去記事「原幹恵もやっている!ぽってり唇になれるシンプルテク」で詳しく紹介しています。

(2)はちみつパック

角質ケアができたら、しっかり保湿を。はちみつとオリーブオイルを混ぜて、唇にのせます。ラップを上からのせるとより効果的。(1)と同様に家にあるものででき、口に入っても安心です。手軽にぷっくりしたリップになれるので、今晩からぜひいってみてください。

(3)フェロモン投入ケア
保湿をするところまでは、女子として最低限のマナー。彼を誘うためのポイントになるのが、さらに唇にツヤ感を出しフェロモンを投入するケアです。

おすすめなのが、『キス専用美容液ヌレヌレ(Nulenule)』。多くの女性誌で紹介され、高く評価されている唇用美容液です。その秘密の1つは、ツヤのあるぷるんぷるん唇に整えてくれる植物由来成分が豊富なこと。

縦じわのない唇に整える成分のマキシリップ、高い栄養価で知られるローヤルゼリー、紫外線ダメージから守るマロニエエキスなど、たっぷり含まれています。

 もう1つのすごい秘密は、フェロモンを意識した“オスモフェリン”という成分が入っていること。男性をとりこにする香りで、キスしたい気持ちを高めてくれます。しかもこの美容液は、男性に不快感を与えない粘度になっているのです。

だから、グロスを塗ったときのようなベタッと感はなく、キスのときに彼に「うわっ!」とひかれることがありません。今まで見た目や保湿だけ意識していた方は、ぜひフェロモンの投入も習慣にしてみてくださいね。

 

彼に「キスしたい」と思わせるためには、見た目だけでなくぷるんとうるおっていること、フェロモンを感じさせること、キスしたときベタっとしないことが重要。ぜひ、上記のテクを使って彼の心に火をつけてみてくださいね。でも決してキスしたくない相手には使用しないように!

 

【参考】

※ キスしたくなる魅惑のリップならキス専用美容液ヌレヌレ(Nulenule) –エルシーラブコスメティック【PC】

※ キスしたくなる魅惑のリップならキス専用美容液ヌレヌレ(Nulenule) –エルシーラブコスメティック【SP】

※ キスした瞬間「もっとしたい」と思わせる唇とは?