汚い女扱いされないために押さえておきたい部屋掃除のポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月休み真っ只中、新年会などで自宅に人を招く機会が増えるこの時期。数組のカップルで集まり楽しく鍋パーティ、初詣のあとに彼を呼んで新年デート……などなど。

ここぞという時に部屋に招いて、生活感のにじみ出た汚い女のレッテルを貼られないために、押さえておきたい部屋掃除のポイントをご紹介致します。

 

■1:自分でも気付かない家のニオイを撲滅!

ペットを飼っている方はなおさら、そうでなくても気を付けたいのが“家のニオイ”。自分では絶対気付かない恐ろしい落とし穴です。数日前からこまめな換気を行い、玄関やトイレ、キッチンに無臭の脱臭剤をセットしましょう。

ここで覚えておきたいのが、香り付きの芳香剤を置くのではなく、まず空間全体に根付いた嫌なニオイを一旦リセットすること。芳香剤はそのあとで、強烈な甘い香りのお香や芳香剤は控え、万人ウケする森林の香りや緑茶の香りなどを選びましょう。

 

■2:ムダなものはとにかくしまう

自分がかわいいと思って飾っているキャラクターグッズや数々の手紙、メモ、よく使うアクセサリーなど、一見するとただ雑に置かれているように見えるもの。そして他人から見ると意外に汚く見えてしまうものなのです。飾りたいものは最小限にとどめ、あとは大事にキャビネットにしまいましょう。

冷蔵庫に貼ってあるマグネットやメモ書きも、ゲストから見えるようであれば外してシンプルにしておくのがベターです。

 

■3:目線を変えて掃除をする

男性を招くときの盲点、それは男性と女性とでは“背の高さが違う=目線が違う”ということ。「完璧!」と掃除をし終わっても、背伸びをしてもう一度周りを見渡してみてください。洗面台の棚周りの汚れ、タンスの上のホコリなど、今まで気にも留めなかった場所が汚れていたりします。

大人数で鍋パーティをする時は、コタツやローテーブルで談笑中ゲストが寝転がることも考えられるので、床やベッド下、コンセント周りなどの掃除も念入りに! 部屋の隅に落ちている髪の毛のかたまりほど男性に引かれるものはありません。

 

いかがでしたでしょうか? 外見磨きはもちろん、家の中もキレイにして“スキのない美人”になってお客様を迎えましょう!

 

【関連記事】

※ 「片付けられない女」がどんどん溜め込むファッショングッズ

※ たった500円で部屋が広くなる!今話題の収納美人術とは

※ 今すぐやめて!大きいバッグを使う女性がモテない理由

※ 肌荒れ原因は部屋の汚れ!? 美容運UPの掃除ポイント3つ

※ 食中毒の対策OK?菌を作らない冷蔵庫にする方法7つ