鼻の頭をピンクに!男性が思わず守りたくなるピュア顔チークとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はどの雑誌でもモテメイクや愛され顔など、異性だけでなく同性からもモテるようなメイク法が取り上げられていますね。かっこいい女性から、守ってあげたくなる可愛らしい女性が支持されている時代とも言われている今日。

ここではそんな、思わず守ってあげたくなる顔作りに欠かせないチークの入れ方を伝授いたします。

 

■1:頬中央から丸くグラデーションを作る

黒目の下にチークを入れるという王道スタイルも、一点のみに濃さを残してそこから広がるようにぽんわり丸くグラデーションを作るようにひとひねり。

波紋のような広がりを意識するだけで自然な赤みが強調され、いつもと違うイノセントな仕上がりになります。

 

■2:アゴから耳たぶにかけてチークを入れる

あの有名なRMKメイクアップクリエイターRUMIKOさんが教えてくれたこの方法。1で入れたチークのブラシを、そのままチークカラーを付け足さずにアゴから耳たぶへ一刷け。

アゴ先と耳たぶをつなげて入れることでフェイスラインが引き締まるだけでなく、少し上気したような色っぽさが出せる裏ワザです。

 

■3:鼻の頭にもチークを入れる

守ってあげたくなるピュア顔作りに欠かせないのが、この“鼻チーク”。寒い冬空の下、鼻の頭が赤くなりながらも無邪気に遊ぶ小さい子供を思い浮かべてください。あの純真無垢な表情が、ブラシに少量チークカラーを含ませて鼻の頭にふんわりのせることで簡単にGETできます。

鼻の先に入れてしまうと鼻が長く見えてしまうので、あくまでも鼻先から2センチほど上に入れましょう。入れすぎると酔っ払いに見えてしまうので要注意!

 

そもそもチークをなぜ入れるのかというと、血色を良くして顔を明るくする=元気そう、明るそう、幸せそうに見せるためです。極端に頬の上部分や下部分に入れるのではなく、あくまで自然に上気したような頬を作れるよう、ぜひこの記事を参考にトライしてみてください。

 

【関連記事】

※ 黒目強調だけではNG!美人な目には「白目」キープが重要な理由

※ ロンブー淳級モテ男から「結婚したい!」と思われないNGメイク

※ 仕事中にコッソリできる!疲れ目をパッチリ大きくするテクとは

※ 目が小さく見えるのは顔の中で一番こりやすいアノ部分のせい!?

※ 口角がキュッと上がるアヒル口を得るためのシンプルテクとは?