永作博美が老けないワケ!年齢不詳になれる魔法のドリンクとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2児の母であり現在43歳の永作博美さん。テレビや雑誌で覗かせる、彼女のベビーフェイスに魅了されている方も多いのではないでしょうか? 

まさに“大人可愛い”の代名詞でもある永作さんが、現在ハマっているドリンクがあるそう。そこに、年齢不詳のヒントが隠されているかもしれません。今回は、噂のアンチエイジングドリンクをご紹介します。

 

■甘酒×豆乳ドリンク

日頃から腸をキレイにすることを意識しているという永作さんが、ここ最近ハマっているのが「毎朝、甘酒を豆乳で割ること」と、TBS系『はなまるマーケット』出演時に語っていました。では、具体的にどのような美容効果が得られるのでしょうか? もう一度、甘酒と豆乳の美容効果についておさらいしていきましょう。

 

■別名“飲む点滴”ともいわれる甘酒のパワー

(1)手軽にエネルギーチャージ

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、植物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖などが含まれており、栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容。

(2)美白効果

麹、酒粕にはコウジ酸が含まれています。化粧品にも多く用いられているコウジ酸には、メラニンを抑制して、シミ・くすみを防いでくれる効果が。

(3)便秘解消

永作さんが意識して取り入れている発酵食品の中でも、甘酒には植物繊維・オリゴ糖など腸内環境を整えてくれる成分が含まれています。

 

■女性ホルモンと同じ!?  豆乳のパワー

(1)美肌効果

大豆イソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれる効果があります。肌をみずみずしく保ち、ハリ感をアップしてくれます。

(2)ダイエット効果

豆乳に含まれるサポニンには脂肪の代謝を促進し、脂肪の吸収を防いでくれます。また、満腹中枢に働きかけ、食べ過ぎを防止してくれる効果があります。

(3)美髪効果

『美レンジャー』の過去記事「豆乳が肌だけでなく髪の老化防止にも効果的な理由2つ」では、豆乳に含まれるグルタミン酸やアスパラギン酸の高い保湿力が、髪にツヤと潤いをもたらすことをお伝えしました。また、頭皮の細胞を活性させ、いきいきとした髪へ導いてくれます。

 

■アレンジ自在! 甘酒×豆乳レシピ

【材料】

・豆乳・・・100cc

・甘酒・・・大さじ3~4

・しょうが・・・少々

・はちみつ・・・小さじ1

【作り方】

カップに材料を入れ、レンジで温めて完成!

 

他にもココアや柚子、抹茶など、その日の気分に合わせてアレンジは自在! 甘酒と豆乳ダブルの美容効果で、永作さんのように枯れないキレイを手に入れましょうね。

 

【関連記事】

※ 第二子出産後も美を保つ「小雪の美肌の秘訣」が明らかに!

※ これだけで超おいしくなる!甘酒の最高「ちょい足し」7つ

※ 渋谷109前で大ブレイク!? 豆乳がここまで注目されている理由

※ 豆乳が苦手なあなたでも大丈夫!豆乳のレシピまとめ