「時代遅れすぎてヤバイ」と思われないタートルネックの着方テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この冬のファッショントレンドといえば、タータンチェックや千鳥格子柄のアイテム、ペンシルスカート、タートルネックなどがありますよね。そのなかでも特に注目したいのが、スカートにもパンツにも合わせやすく、首周りを温めてくれるタートルネック。

これまでタートルネックは、「顔が大きく見える」「太って見える」「古臭く見える」といった理由から敬遠してきた方も、ちょっとしたポイントをおさえておけば、上手に着こなすことができるんです。

では、タートルネックを着るときは、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

 

■1:ダークカラーを選ぶ

タートルネックを着ると、首まですっぽりと隠れますよね? その状態で白やベージュなどの淡いカラーのものを着ると、膨張して、実際よりも上半身が大きく見えてしまいます。

タートルネックを着るなら、全身が引き締まってスリムに見えるダークカラーのものを選ぶようにしましょう。黒、ネイビー、グレー、その他はっきりとしたカラーのものがおススメです。

 

■2:ネックの高さを調整する

タートルネックは、首元で一度折り返して着るのが定番ですよね? ですが、ただ折り返すだけではいけません。全身鏡の前に立ち、バランスを見ながら、ネック部分のボリュームや高さを調整しましょう。そうすることで、小顔に見えるポイントが見つかります。タートルネックは顔が大きく見えると思っていた方は、ぜひ試してみてくださいね。

首をすっぽりと覆うような、ネック部分が大きくてたっぷりしたデザインのものを選ぶと、より小顔効果が得られますよ。

 

■3:髪をアップにする

首元までボリュームがあるトップスを着るときは、髪をアップにすることでスッキリした小顔に見せることができます。

 

■4:ボトムはスッキリしたもの合せる

ボリュームがあるトップスを着るときは、スッキリしたボトムを合わせるようにしましょう。スカートと合わせるときはインしてあげると今年っぽくなりますし、アウターを脱いだときは袖をまくって手首を見せると、こなれ感を出すことができますよ。

 

■5:大ぶりなネックレスをつける 

タートルネックの上に大ぶりなネックレスをつけることで、一気に今年っぽくなります。ネックレスにボリュームを持たせたり長さを出したりすることで、小顔効果が得られ寂しげな胸元が華やかになります。

 

これなら、ダサくならなずにタートルネックを着こなすことができるのでは? これまでVネックやクルーネックのトップスばかりだった方も、今年の冬はオシャレの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

「何か違くない?」と思われちゃうペンシルスカートにNGな体型

男ウケ最悪!「何それ?」と絶対ドン引きさせるNGタイツ3つ

流行りのブーティを履いた時「ふくらはぎ太っ!」を回避する方法

この冬買わないとヤバイ「マスタード」を攻略する配色ワザ3つ

※ プロデューサー巻き以外も!おしゃれに見えるカーディガン巻き5つ