男性社員こぞって胸キュン!「マスク美人」になるちょっとしたコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの季節、風邪の予防にマスクは欠かせません。しかし、マスクをすることでメイクが落ちてしまったり、せっかくトレンドを意識してもオシャレ度が半減……と、マイナスイメージを持つ人も少なくないかと思います。

しかし、マスクは決して女性を悪く見せるものではありません。“マスク美人”という言葉が生まれたほど、近年マスクをしている女性への注目度が高まってきています。顔の中で見えていない部分があるからこそ、グッとくるという男性もいます。

そこで今回は、マスクを味方につけて“マスク美人”になるための、ちょっとしたポイントを4つご紹介します。

 

■1:ピンクの女性用マスクを選ぶ

マスクをすると口元やチークで取り入れていた華やかさがなくなる分、顔全体がどんよりして見えやすくなります。マスクから漏れる息で、目元のメイクが落ちてくるとなおさらです。

青白いマスクはますます目元のくすみを強調して見せてしまうので、薄いピンクの色つきマスクを選ぶのがポイントです。顔に華やかさが加わり、顔色がパッと明るく見えます。また、男女共用のマスクは大きめで必要以上に顔を覆ってしまうので、女性用を着用するとぴったりフィットするのでおすすめです。

 

■2:アイメイクは念入りに

マスクをすると唯一見えている目元が強調されるので、目力がアップするという嬉しい効果があります。顔の下半分が覆われることで、人からの視線は目元に集中するのでアイメイクはいつも以上に念入りにしたいところです。

にじまないようにウォータープルーフタイプのマスカラや、落ちにくいリキッドアイライナーでしっかりとアイメイクをするのがポイント。マスクをしていても目鼻立ちがはっきりして見えます。

 

■3:アイシャドウは暖色系

アイシャドウはブルーやグレーなどの寒色系を選んでしまうと、マスクから漏れる湿気たっぷりの息でメイクが落ちたときに、クマのように見えてしまいます。ベージュ、ピンクなどの暖色系を選ぶと、温かみが出るのでおすすめです。

また、クリームアイシャドウは湿気にも強く、ツヤや色っぽさにもつながります。

 

■4:髪型は清潔感を意識する

目にかかる前髪や、ふんわり毛束感を意識した髪型は、普段はかわいく見えてもマスクをするとボサボサに見え、不健康なイメージになってしまいます。前髪は横に流して、目にかからないようにするなどして清潔感を意識すると、凛としているスッキリとした雰囲気に見せることができます。

 

以上、マスク美人になるためのちょっとしたポイントをご紹介しました。マスクを味方につけ、清潔感のある女性を目指してくださいね。

 

【関連記事】

オフィスでこっそりできる!超簡単「二の腕&太もも」ダイエット

シワたるみ・月経不順の原因!「オフィス冷え」を撃退する方法

オフィスでたった1分!むくんだ「パンパン指」解消テク3つ

絶対避けたい「ぼってり太もも」になるオフィスでのNG習慣4つ

「働く女性」が一気に老ける!オフィスで禁断のNG習慣7つ