運動しなくても「脂肪がメラメラ燃える」何てことない生活習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何もしなくてもエネルギーが消費される基礎代謝は、女性では20歳以降から少しずつ低下し始めます。

それに加えて現代の便利な生活では、歩いたり、身体をこまめに動かしたりといった運動の要素が少なくなり、深層にある筋肉が衰えやすいといわれています。

今回は、この深層にある筋肉“インナーマッスル”を鍛える、毎日のちょっとした習慣を伝授します。

 

■たるんだ下腹を引き締めるには?

深層筋が減ると基礎代謝にも大きく影響し、基礎代謝を上げるにはインナーマッスルを増やすことが欠かせません。しかしインナーマッスルは、バーベルや腕立て伏せなどの筋トレでは鍛えられないのです。

またインナーマッスルの中でも、特に重要なのが腰の部分にあり下腹を内側から支えている“腸腰筋”という筋肉。プロポーションやダイエットにとって、非常に重要な筋肉です。

さらに、その中の“大腰筋”は上半身と下半身をつなぎ、背骨や骨盤を支えたり、太ももを上げるのに使われる筋肉で、これらの筋肉に鍛えると、たるんだ下腹を引き締めることができます。

 

■インナーマッスルを鍛える生活習慣5つ

インナーマッスルは持久力のある筋肉なので、鍛えるには一般的に有酸素運動が効果的。その中でもこの“腸腰筋”を効率的に鍛えるには、次のような習慣や運動がよく効きます。

(1) 姿勢を正す

立っている時、胸を張りお腹を締め正しい姿勢を意識します。

(2)お尻歩き

リラックス時にお尻で5歩歩いてみます。

(3)階段を上る

ゆっくり一段抜かしで上がると効果的。

(4)自転車

股関節や太ももを、引き上げることを意識しながら漕ぎます。

(5) ヨガ、ピラティス

脚の付け根や太ももの裏をストレッチするヨガのポーズは、大腰筋にじんわりと効き、代謝を高めてくれます。 

 

太ももや腹筋などの筋肉を動かす場合は、糖質や肝臓のグリコーゲンを消費するのに対して、インナーマッスルを使う時は脂肪をエネルギーとして燃焼させます。

その結果、脂肪が燃焼されやすくなり、さらに体温も上げることができるので、冷え症の方にもおすすめです。縮こまりがちな寒い季節も、背筋はピンと伸ばしていきましょう!

 

【関連記事】

世界が羨む日本女性の美肌の理由はあの伝統的な和食材にあり!

お金をかけずに「メリハリボディ」になれるスゴイ方法4つ

ズボラな人でもただ飲むだけで痩せる「血糖値を下げるお茶」7つ

誰もが陥る「中年体型」をたった8秒で撃退するエクササイズ法

知らなきゃ損!驚くほど「脂肪がボーボー燃焼する」ランニング法