虫歯予防にまで!実は意外な「ココア」の知られざる美容健康効果

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌寒い季節になると飲みたくなるのがココア。ココアは太ると敬遠される方も多いですが、実はさまざまな健康効果に優れた飲み物です。

ココアの原材料であるカカオに含まれるエピカテキンは、代謝効果があるのでダイエットによく、また抗酸化作用が高いカカオ・ポリフェノールが豊富に含まれていることから、アンチエイジングも期待できるのです。

美容を気にする女性には嬉しいココアの効果をまとめてみました。

 

■1:肥満を防ぐ

チョコレートを食べる頻度が高い人ほど肥満指数(BMI)が低いということが米医学誌に発表されています。

またカカオのポリフェノールはコレステロール値を下げ、コレステロールが動脈中に沈着するのを防ぐので、動脈硬化や中性脂肪を減らすことが確認されています。

 

■2:活性酸素を減らす

カカオのポリフェノールは抗酸化効果に優れ、老化の主原因である活性酸素を抑制する働きがあります。

生活の中で体内に取り込む排ガスや食品添加物などの化学物質や、ウイルスから発生する細胞のDNAのがん化を防いでくれます。チョコレートの消費量が多い国は胃がんの発生数が少ないという報告もあります。

 

■3:集中力・記憶力が高まる

カカオのポリフェノールの摂取によって、記憶を司る海馬が活性化しチョコレートの香りが集中力や注意力、記憶力を上げることが明らかとなっています。

さらにストレスホルモンを下げる作用があり、リラックス効果が高いことが分かっています。

 

■4:便秘解消

ココアの原料となるカカオにはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。食物繊維も豊富で便通を改善してくれるほか、ビタミンやミネラルが美肌に導いてくれます。

 

■5:虫歯予防

カカオ成分には、ウーロン茶・緑茶よりもさらに虫歯菌を抑える効果があります。実験ではミルクチョコレートよりもダークチョコレートのほうが虫歯予防にも役立つことが証明されています。

 

古くから薬として用いられてきましたカカオは、抗菌力が高く免疫にも作用します。この冬、カゼ対策にココアを一杯いかがですか。

 

【関連記事】

甘いものの盲点!ダイエット中だって「我慢しなくていい」おやつ

意外とみんな知らない「スタバ」のカロリー&カスタマイズ術

知って驚く!砂糖次第で「虫歯になりにくい=太りにくい」チョコ

※ 楽して痩せたい人は必見!簡単に「体重が減る食材」30個【後編】

衝撃!女性が30歳から太りやすくなる驚きの理由とは