「仕事帰り?」と思われない仕事着ジャケットのカジュアル変化術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事先で“ジャケット着用必須”という、職場でのドレスコードがある場合も多々ありますよね。しかし、そのまま職場での格好で退社後に出かけてしまうと、せっかくデートがあってもビジネスモード全開な格好を見て、男性から残念な表情をされてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、いつも仕事で着ているであろうお堅いジャケットが、休日着に早替わりになるカジュアルダウンの仕方を、スタイリストである筆者がご紹介いたします。

 

■1:インパクトアクセサリーで盛る

まずは、仕事着ジャケットを盛るべくシンプルなジュエリーを外して、大ぶりのパールネックレスや今季トレンドのドレスチョーカー、シャンデリアピアス、バングルなどの華やかなアクセサリーを取り入れてみましょう。

たったこれだけで、さっきまでの仕事オーラ満載ジャケットが、休日感たっぷりのジャケットに変身しますよ。

 

■2:パンプスよりもレースアップシューズ

続いては足元。仕事中に履いていたであろう、シンプルかつベーシックなパンプスは履き替えてしまいましょう。何に履き替えればよいのかというと、今季らしさを取り入れるならば、レザーやパテント素材の“レースアップシューズ”が正解。

ヒールつきのものを選べば、カジュアルな着こなしが苦手な方でも難なく取り入れやすいですよ。

 

■3:定番シャツより家着的Tシャツ

ジャケットの中に着ている、ビジネスモードたっぷりなシャツやシンプルな上品カーディガン。これらは着替えてしまいましょう。何に着替えればよいのかというと、ユルい質感のカットソーやルーズなシルエットのTシャツなど、リラックスモード溢れるトップスが最適です。

ジャケットのクールな印象を崩さず、カジュアルダウンしてくれますよ。

 

以上いかがでしたでしょうか? イベントラッシュなこの時期、退社後にきっちりオフモードに頭を切り替えるためにも、いつもの通勤着を素敵に変身させてくださいね。

 

【関連記事】

おしゃれストールをしたのに顔が大きく見えてしまうNG巻き方

この秋「買わないとヤバイ流行カラー」を攻略する配色ワザ3つ

思わず赤面!おしゃれスウェットが超ダサくなるNG着こなし3つ

お腹ぽっこりでも大丈夫!旬の「ペンシルスカート」の着こなし方

OL制服風にならないための「ペンシルスカート」選び方の極意