便利でも不安要素だらけ!管理栄養士が絶対食べないNG食品4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美レンジャー

皆さんが今口にしているその食品は、どんな理由で選びましたか? カロリーが控えめでダイエット向きだから? 体によさそうと感じたから? 実はその食品選び、間違っているかもしれません。

今回は、管理栄養士が食べない NG食品をご紹介したいと思います。

 

■1:○○の素

管理栄養士の高橋さんが警鐘を鳴らすのが、身近な食品である“○○の素”です。カレールーや、鍋の素、炒め物の素など、便利な調味料には落とし穴がいっぱいだそう。

それぞれの原材料を見てみると、カレールーで一番多いのは脂、鍋の素は果糖ぶどう糖液糖というコーンシロップ、そのほか添加物も多数。いくら簡単に出来るとはいえ、脂のカレーやコーンシロップ鍋は食べたくないですよね?

 

■2:ドレッシング

ドレッシングに脂が多いのは皆さんご存知かと思いますが、意外な落とし穴は“ノンオイルドレッシング”です。ノンオイルならヘルシー!と思ったら大間違い。実は、鍋の素と同じ果糖ブドウ糖液糖が一番多く使われているのです。

せっかくノンオイルでも、シロップをサラダにかけていたら、ヘルシーではないですよね。

 

■3:ゼロカロリー食品

これは、一番気をつけていただきたい食品です。ゼロカロリーでも太ります。まず、ゼロカロリーと言っても「5kcal以下であれば0kcalと表示してよい」という食品表示法のルールがあるので、厳密にはゼロではありません。

しかし、そんなに低カロリーなのにしっかり甘さを感じるのは、人工甘味料の力です。人工甘味料は、砂糖の何百倍もの甘みがあるので、低カロリーにすることが出来るのですが、カラダは砂糖と人口甘味料の区別がつきません。

人工甘味料を摂ることで、砂糖を摂ったときと同じように大量のインスリンを出してしまいます。すると、カラダは低血糖状態になり、また甘いものが欲しくなります。インスリンで下げた血糖は、脂肪としてカラダに蓄積されるので、低カロリーなはずなのに太ってしまうという訳です。

 

■4:コンビニの食品

24時間いつでも食べ物を買う事が出来るのはとても便利ですが、常温又は冷蔵でも、何時間も腐らない食べ物っておかしいですよね。常温コーナーのパンやお菓子はもちろん、おにぎりやお弁当にも、腐らせないためにたくさんの保存料が使われています。

一番怖いのは、ほとんどのパンやお菓子に使われているショートニングやマーガリン。これは、“食べるプラスチック”とも言われ、自然界には存在しない脂のためカラダに入ると悪さをします。便利である事は間違いありませんが、健康にとってどうなのか?ということを、少し考えてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか? 管理栄養士の方が指摘する食品の意外な落とし穴。皆さんは、知らぬうちに落とし穴にはまってはいませんでしたか? これを機に、食生活を今一度見つめ直してみてくださいね。

 

【参考】

※ ショック!知らない間に「毛深くなっちゃう」恐るべきNG食べ物

※ どっちがより安全?「飲んではいけない」コーラ4つを徹底比較

※ 和食生活は危険?「健康に良いから」と摂り過ぎるとヤバイ食べ物

※ パンケーキまでも!? 食べると恐ろしく老けちゃうNG食べ物5つ

※ 飲むならどれが安全?コンビニ野菜ジュース4商品を徹底比較

 

【取材協力】

※ 高橋敦子・・・管理栄養士、カフェ店長、1986年10月10日アメリカ生まれ。高校時代、アメリカへ1年間留学。摂食障害を経験し、食の大切さを実感し管理栄養士となる。食品会社や、加圧トレーニングのインストラクターを経て、自身の勉強のため参加したセミナーで現オーナー森拓郎と出会い、2012/12/12にカフェタイム店長として『ココカラforest』をオープン。