ただおろし金でするだけ!酵素ダイエットを格安で効率化する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

orosi

酵素ダイエットなど、酵素を積極的に取り入れる美容法が話題になっていますが、あなたはどうやって酵素を食事で取り入れていますか? 

市販の酵素ドリンクを購入するのはひとつの方法ですが、それよりも手軽にしかも安く酵素を取り入れる方法があります。酵素の性質を活かした、簡単な調理のコツをご紹介しましょう。

 

食べ物から摂取するのが食物酵素

まず簡単に酵素について紹介しますが、「食べないのは逆にNG!“食べ合わせ酵素食”で痩せ体質に変身 」で述べているとおり、酵素には消化酵素と代謝酵素、そして食べ物に含まれる食物酵素があります。消化酵素と代謝酵素は体内で作られるものですが、年齢とともにその量が減ってくるため、食物酵素を積極的に食べ物から摂取することで補うことができるのです。

酵素をたくさん含む食材については、野菜、果物、発酵食品などが挙げられます。しかし食べ物に酵素が含まれていても、それを効率よく摂取できる形に調理してあげないと意味がありません。

 

すりおろすとそのまま食べるより酵素量がアップ

ではどんな調理法がいいのでしょうか? まずおすすめなのが、すりおろすこと。そのままで食べるよりも、すりおろす工程で食べ物の細胞が壊れ、細胞の中にあった酵素をそのままで食べるよりも、より多く摂取できるのです。

大根おろしやすりりんごのほか、玉ねぎやキュウリのすりおろしなど。そのまま食べてもいいしドレッシングに混ぜてもおいしくいただけます。ただし、ミキサーでは高速すぎて細胞が破壊されてしまうため、あくまでもおろし金ですりおろすことが大事です。

 

熱に弱い酵素は生で食べるべき

また酵素は熱に弱く、48℃前後でその働きを失ってしまいます。だから茹でる、焼く、煮るなどの調理をしていては、酵素が摂れません。一番は生で食べること。新鮮な野菜やフルーツ、また火を通さなくても食べられる、納豆やヨーグルトなどの発酵食品も有効です。

 

今まであまり何も考えずに食事していた方。今日からおろし金をキッチンに用意して、“すりおろして食べる”ことを心がけると、これまで以上に酵素を効率よく摂取できて、健康にも美容にもいいですよ。

 

【関連記事】

足りない酵素を摂るだけで「食事制限なし」で痩せられる!?

「おしん」で注目の大根めしが驚くべき優秀ダイエット食らしい!

「週2日だけの炭水化物抜き」は毎日ダイエットより痩せるって!

噂の「酵素」は本当に短期間でヤセる?酵素ドリンク徹底比較