流行してからでは遅い!? インフルエンザ対策の新事実

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高熱だとインフルエンザ、そうでなければ風邪。未だにこんな考えを持っている人が多いようです。しかし高齢者と幼児はインフルエンザでも熱がでないこともあるのをご存じでしたか? 風邪との解りやすい区別は、呼吸数を数えることだと新潟大学名誉教授 新潟青稜大学看護福祉心理学部学部長・同看護学科教授の鈴木宏先生は言います。

1分間に30回以上の呼吸が確認される場合、インフルエンザの疑いが強い、とのこと。風邪だと思って適切な処置をしないでいると死に至ることもある恐ろしい病気であるインフルエンザは、徹底的に予防するのが最善策でもあります。

以前に『美レンジャー』の過去記事「実はある特定のヨーグルトを食べると「インフルエンザにかかりづらい」ってホント!?」でもお伝えしたとおり、『1073R-1乳酸菌(以下:R-1乳酸菌)』を使ったヨーグルトを食べているのといないのとでは、体の免疫機能に格段の差がでることが明らかになりました。

しかし、今回ワクチン接種との併用により、そのパワーがより高まる事が明らかになりましたのでご紹介します。

 

■体内免疫の種類

そもそも免疫力といっても、体内にはどのような免疫があるのでしょうか? 順天堂大学医学部免疫学講座准教授・竹田和由先生によると、体内免疫には大きく「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類が存在するそうです。

(1)自然免疫

産まれた2時間後から、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が発生し、それは死ぬまで活動を続けます。どんな異物にも反応できる、便利屋さんのような免疫だと思ってください。体力や年齢によって個人差があるので、適度な運動や十分な睡眠など本人の努力で効果をアップすることも可能です。過去記事で『R-1乳酸菌』を紹介した際に活性化することが分かったのが、自然免疫です。

(2)獲得免疫

過去の経験に基づき、特定の異物に反応して排除しようとするため、専門家のような働きをする免疫です。細胞が物忘れをしない限り、一度かかった病気にはかからないような働きをします。つまりワクチンを接種することで、抵抗力をつける為にすることなどがこれにあたります。

 

■ワクチンとR-1乳酸菌の併用による効果

これまでにわかっていたことは、『R-1乳酸菌』の入ったヨーグルトを食べる事で自然免疫のひとつであるNK細胞が活性化し、インフルエンザ対策として効果を発揮するということでした。

しかし今回、竹田先生らによる研究では、A型(H1N1)、A型(H3N2)、B 型の3つのインフルエンザについて、男子大学生40 人を対象に、ワクチン接種前3 週間、接種後約10 週間毎日『R-1乳酸菌』を使用したヨーグルトまたはプラセボを摂取してもらったところ、『R-1乳酸菌』を接種していた学生の方がインフルエンザワクチンの有効性が高まったという事が報告されました。

つまり、自然免疫だけではなく獲得免疫に対しても、『R-1乳酸菌』は良い効果を発揮するということがわかったのです。1日に1個で十分な効果が得られるそうなので、ワクチン接種と合わせてインフルエンザへの予防的に食べておくのはとても有効だと、順天堂大学医学部免疫学講座特任教授・奥村康先生は教えてくれました。

 

インフルエンザの予防にはうがいや手洗いなどいろんな対策が大切ですが、今年の冬はワクチンの予防接種と手軽に摂取できる『R-1乳酸菌』の入ったヨーグルトで万全の対策をしてみてはいかがでしょうか。