「デカ顔女子」が小顔になるには肩こりによる詰まりを解消すべし

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20131030ayako02

朝晩は気温が低くなり、いよいよ冬の到来を感じさせる季節になりました。この時期は特に、顔のむくみが気になる方も多いのでは? その原因は、身体の冷えや血行不良による“詰まり”にあると考えられます。これから冬にかけて寒さが増して“詰まりがち”になるこの時期。早めのケアが大切です。

今回は、そんなつまりを徹底ケアし、憧れの小顔を手に入れる方法をご紹介します。

 

■骨と筋肉の間の“詰まり”を解消するプロの技

雑誌編集者や某人気アイドルグループメンバーをはじめ、国内外にファンを抱える表参道の隠れ家サロン『ビューティープラント』では、エステでもカイロでも矯正でもない、東京初のBBMセラピー(Beauty Body Make)が話題。

20131030ayako01
骨と筋肉に働きかけ、手技のみで行われる約60分間の『ベーシックセラピー』は、オーダーメイドによって構成される一番人気のメニューで、美顔、バストアップ、ウエストメイク、ヒップアップ、美脚など、一人ひとりの不調や悩みに合わせた施術を行っています。

特に「その場で実感が得られる」と病みつきになる人が続出中の『美顔メイク』は、「顎をもう少しシャープに」「目鼻立ちをくっきりさせたい」など、整形級にワガママな要望にも対応。ハンドのみで繊細に行われる微調整により、スッキリと理想的な顔立ちになれると評判です。

そんな魔法のような施術ですが、理論は意外とシンプルで、骨と筋肉の間の詰まりを流すこと。

関西や名古屋でも5店舗のサロンを担当する、マスターセラピストの小平先生によれば「詰まりを解消することで、誰でもすぐに小顔になれる」のだとか。サロンは予約が取れない程の人気でもあるので、ここでは自宅でケアできる方法をご紹介します。

 

■自宅でできるデカ顔解消法

デカ顔の原因は、単なる顔のむくみだけの問題ではありません。実は加齢や冷え、デスクワークなどによって起こる肩こりが、デカ顔の要因を作ってるのです。肩こりを解消するためには、多くの人がこっているとされている首と肩のきわの部分をほぐして、つまりを流すこと。

骨と筋肉の間といっても、素人が強くマッサージし過ぎると逆効果になりかねないので、首と肩のきわ部分を上から下に圧をかけて押し流し、その後やさしく揉みほぐします。こうすることで詰まりが解消し、むくんで短く見えていた首がシュッと細くなり、顔までスッキリ小顔になれるのだそう。

 

秋冬シーズンには特に気になる、詰まりやむくみ。今のうちに対策を始めて、クリスマスなどイベントシーズンをすっきり小顔で迎えましょう。

 

【関連記事】

衝撃!なんと小顔になれない理由は「顔のゆがみ」にあった

デカ顔の人に朗報!誰でもたった1分で出来る小顔ヘアアレンジ

読モのマル秘テク!究極のポイントメイク「涙袋」には小顔効果があった

少しの手間でできる!理想の「小顔」を手に入れるコツ5つ

※ たるみ顔は大顔になる!超速で「肌のハリ」を手に入れる最善策