なんとOLさんの92%が日常的な「ズツーの種」に悩んでいると判明!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場での人間関係や仕事内容、経済的な不安、恋愛など、働く女性に悩みはつきもの。このような精神的な悩みを抱えていると、頭がズキズキすることがありますよね。

ところで、みなさんは日常生活に影響を及ぼす”頭痛”のことを、どのくらいご存知ですか?

 

■OLの92.6%が「ズツーの種」の持ち主!

『第一三共ヘルスケア』が、全国の20代~40代の仕事を持つ女性を対象に実施した、「”ズツーの種(日常生活の悩みや不安、怒りなど心を乱す事柄をズツーの種と表現)”に関する実態調査」によると、なんとOLの92.6%が下記の日常的な「ズツーの種」に悩んでいることが明らかになりました。

<OLの「ズツーの種」の中身 ワースト3

1位 仕事・キャリア(63.4%)

2位 お金・経済的な問題(47.0%)

3位 恋愛・結婚(34.4%)

4位 人間関係(32.8%)

5位 夫婦や家族・親族のこと(31.3%)

6位 健康(31.1%)

7位 美容(23.0%)

なお、この他にも、美容が悩みだと答えたOLは、肌のたるみ・ハリの無さ(44.2%)、毛穴が目立つ(40.6%)、シミ(40.2%)がトップ3に。健康が悩みだと答えたOLは、疲れやすい(44.0%)、肩こり・腰痛がひどい(41.5%)、疲れが取れない・だるい(38.8%)、そして「よく頭痛がする」(20.7%)などが具体的な「ズツーの種」だと回答しています。

さらに、肩こりや頭痛の頻度は1日の勤務時間と比例をしており、日常のストレスが肩こりや頭痛を引き起こし、肌の調子にも影響を与えている可能性がありそうです。肌のためにも、まずは肩こりや頭痛の正しい対処が必要かもしれません。

 

OLの4割が「頭痛」の持ち主!

改めてOLたち全員に頭痛の頻度を聞いたところ、半数以上が月に1回以上頭痛に悩まされており、約4割が自分が頭痛持ちだと自覚していることもわかりました。

 頭痛

 そして、頭痛になったときは、横になる、寝る、鎮痛薬を飲むという対処法が主流のなか、ガマンすると答えた人も4割! どうやらそれは、「耐性がつき、本当に痛いときに効かなくなる/なりそうだから」などの理由から「鎮痛薬を飲むことに抵抗がある」(51.8%)からのよう。

ですがそれ、本当に正しいのでしょうか? 頭痛を我慢することで、ストレスが余計に蓄積している可能性もあるのかもしれませんよ。

 

■正しい鎮痛薬との付き合い方できてる?

ツライ頭痛を我慢して、鎮痛薬を飲まない人が半数近くいることが明らかになりましたが、本格的に痛みだしてから鎮痛薬を使っても、痛みの原因物質が体内に蓄積してしまい、効果がでにくくなるなど様々な弊害が起こることはご存知ですか? 

鎮痛薬の効果を活かすためにも、私たちは鎮痛薬の選び方や使い方を理解する必要があるのです。そこで、「頭痛」や「ズツーの種」についてもっと詳しく知りたいと思った人におススメなのが、女性の頭痛に寄りそうサイト『頭痛学園』。

今回参考にした調査の主要結果が見られるだけではなく、「頭痛」や「ズツーの種」についての意外な関係を著名な講師陣が授業形式で教えてくれたりと、頭痛に対する関心を高め、理解を深めることができる内容になっています。

 

働く女性の敵“頭痛”と上手に付き合うために、一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※  『頭痛学園』- 第一三共ヘルスケア株式会社