週末断食に救世主現る!プチ断食を成功に導く補助メニュー3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週末の1日か2日だけ食べ物を食べない“週末断食”は、普段働き続けている内臓を休め、身体をリセットしてあげることで翌週からまた身体が元気になるという効果が期待できます。また内蔵が元気になれば、それがお肌にも表れてきれいになれるというダブルの効果もあり、実行したいと思う方も多いでしょう。

ただし本当に食べないでいられるか心配する方や、実行してみたものの空腹に我慢できず断念してしまったという方もいるかもしれません。

そんな方にご紹介したいのが、“プチ断食”をサポートする補助メニュー。「楽して老けない体になれる!完全究極のデトックス法3つ」でもご紹介していますが、 身体にも良くデトックスも促す補助メニューとして新たにおすすめしたい3品を今回はご紹介しましょう。

 

■1:ヨーグルト

断食中も乳酸菌が入ったヨーグルトを摂っていれば、腸内へ善玉菌を届けることができます。固形物は摂らずに乳酸菌をとり入れることで、腸内環境がよくなります。

そのためには、生きたまま腸に善玉菌を届けることができる、”プロバイオティクスヨーグルト”を選ぶと良いでしょう。また、砂糖は使わずプレーンヨーグルトをセレクトして、そのまま食べるのがベターです。

 

■2:根菜スープ

ごぼう、れんこん、里芋、さつまいも、ニンジンなどお好みの根菜を、薄味のコンソメなどで煮込んだスープを飲むという方法。根菜類は身体を温める効果があり、食事を摂らなくても身体を冷やさず温かくすることができます。土の中で育った根菜は、大地のエネルギーをたっぷり受けており、これらの栄養を身体に摂り入れることができます。

ただし飲むのはスープだけで、具材は断食が終わってから食べるようにしてください。

 

■3:豆乳

美容に効果があるビタミンBやE、そして女性ホルモンと似ている大豆イソフラボンをたっぷり含む豆乳は、断食中にも摂り続けたいと思う、納得のメニューでしょう。濃厚な飲み心地も、おなかに満足感を与えてくれやすいかもしれません。

 

これら3つどれかだけでは味に飽きてしまいますから、上手に組み合わせることをおすすめします。これで週末断食を成功させて、ヘルシー美人を目指してみませんか?

 

【関連記事】

肌ボロボロ…一気にブス子になるのは「腸内環境」が原因ってホント!

腸を鍛えないとドロドロの血液に!すぐできる「腸活習慣」5つ

お盆休みこそダイエットのチャンス?プチ断食のススメ

優れた抗酸化力にビヨンセも超ハマってるコスメの正体とは