90%の女性が悩む肌乾燥を「優秀コスパな節約美容」テクで撃退

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0002_007276

いよいよ乾燥が進む季節。みなさんはしっかり対策をしていますか? トレンド総研の「肌の乾燥」に関するアンケート調査によると、なんと9割の女性が肌の乾燥を気にしていることが判明しました。

乾燥が気になる女性の多くは、しっかりスキンケアをしていることでしょう。それでも乾燥してしまう理由は何なのでしょうか。今回は、乾燥の原因とちょっと意外な対策法をご紹介したいと思います。

 

■内側からのケアが乾燥克服のカギ

同調査で「現在行なっている乾燥ケア」について聞いたところ、「保湿力の高い基礎化粧品を使う」などの外側からのケアをしている人が上位を占め、「普段食べる食べ物に気を遣う」という内側からのケアをしている人は9%に留まりました。

肌の乾燥が気になっている人は9割。乾燥肌を克服するには、外側からのスキンケアだけでなく内側からのケアも必要だと考えられるでしょう。

 

■アロエでコラーゲンアップ

「内側からのケアといっても、どうすればいいの?」という方は多いかと思います。コラーゲンドリンクなど、いろんな飲み物やサプリなどもありますが、コストもかかり継続が難しいと感じる方もいるでしょう。そこで、おすすめしたいのがアロエです。

アロエは昔から火傷の治療などに使われ、現代では化粧品にもよく保湿成分として配合されていますよね。実はこのアロエは、食べることでも保湿効果が期待できるのです。

近年、森永乳業のアロエ研究チームはアロエベラのゲルに含まれる成分アロエステロールが、皮膚の真皮にある細胞を刺激して、肌のうるおいがアップするコラーゲンやヒアルロン酸といった成分の生成を、促進する働きを持っていることを発見しました。

アロエベラゲルパウダーを8週間摂取したところ、肌の水分量が増加する傾向が見られたようです。アロエを食べない手はないですよね! 

 

■アロエを自家栽培してみよう

アロエヨーグルトやアロエジュースはスーパーでもすぐ手に入るので、楽においしく続けられるでしょう。でも、もっとコスパをよくしたい方には、アロエを育てるのがおすすめ。1株500円程度で購入できます。

“食べるアロエ”として苦みがほとんどないものも売られていて、プレーンヨーグルトに混ぜたり、はちみつと一緒にミキサーにかけてジュースにしたり、サラダに加えたり……意外と使い道あり! また、傷ができたときや化粧水を手作りするときにも使えます。

アロエは育てやすく、毎日水をやらなくてよいので楽に栽培できます。肌の乾燥が気になる方は、ぜひ育ててみてくださいね。

 

今回は、乾燥対策は内側からのケアが大切であること、アロエを食べることで肌の水分量がアップすることをお伝えしました。冬の本格的な乾燥がやってくる前に、外側からも内側からもケアしていきましょう。

 

【関連記事】

コラーゲンにセラミド…「飲むvs.塗る」どっちが肌に効果的?

乾燥肌の原因は●●だった!? 保湿ケアの意外な盲点とは

飲むだけでOK!「ゴワゴワ乾燥肌」を撃退できる保湿ドリンク

「これは病みつき!」魔法の保湿力を持つ最新美容成分とは?

※ クレンジングを変えるだけ!秋冬も潤いたっぷり肌になれる裏ワザ

 

【参考】

「肌の乾燥」を気にする日本人女性は9割・・・ 冬の東京は、「サハラ砂漠」並みの乾燥!? 対策のポイントは“内側からのケア”と“皮膚保水力のアップ” 乾燥肌大国・日本の救世主は『アロエベラ』 – トレンド総研