美人になりたいなら、白い食べ物は避けるべき!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白い砂糖やパンをやめて、玄米や雑穀、豆などの食材を食べるべき!

というのも……、ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントの方や、マドンナもいまや『玄米菜食』を実践しています。マクロビオティック食が広がっているなど、進んで『玄米菜食』が世界的な潮流となっている今日この頃です。

 

私自身も、とってもお肉が大好きなのですがこれを続けているとダメだ!ということで、定期的にマクロビオティック料理教室に通ったり、家のご飯は100%の玄米ご飯をいただくようにしたり、雑穀を取り入れたり、野菜を摂るように心がけています。

モデルさんや芸能界でも人気な玄米菜食。体の芯となる部分を整えてくれると言われています。体はもちろん精神的な部分でも大きく作用してくるんですよ。

 

その中でも普段私たちが摂取している甘いもの。スイーツは女性にとって欠かせないものですよね!

がしかし、甘いものを作り出している白い砂糖は人口的に漂白されたものなので、体に害を与えるとも言われているんです。実はこの白い砂糖が『キレてしまう子供』を作り出している原因のひとつとされています。

砂糖と同じく、白く加工した精製加工食品の白いご飯もそうなんです。白いパンやパスタ、うどんなど精製加工された炭水化物食品も同様なんです。

私たちの体を傷つけ、栄養の蓄えを奪ってしまうというなんという怖いお話。それらの摂取量の増加にともない糖尿病や肥満が増えているのも現実です。

そのような人工的に白く作られた炭水化物は、肥満、糖尿病、心臓病、脳卒中、ガン、アレルギーまでさまざまなリスクを引き起こしてしまいます。

 

よくよく考えてみると、ベージュ食の起源は日本だったりしますよね。例えば、豆類、玄米ごはん、お味噌汁など。

というわけで、これから白い食べ物は卒業して、日本伝統食の魅力を見直してみてはいかがでしょう?